シンポジウム2018資料集 課題別分割ファイル


プログラム

通算11回 飼料用米を活かす日本型循環畜産推進交流集会
飼料用米多収日本一・畜産物ブランド日本一表彰式、
飼料用米普及のためのシンポジウム2018


日  時 : 平成30年3月9日(金) 開場:10:30  開会:11:00 
会  場 : 東京大学弥生キャンパス 弥生講堂(一条ホール、ロビー、会議室)
プログラム                         総合進行役 若狹良治(理事・事務局長)

11:00〜12:00 飼料用米普及のためのシンポジウム2018 第一部
主催者挨拶
一般社団法人 日本飼料用米振興協会理事長 海老澤 惠子 7頁
ご挨拶 海老澤 惠子

連帯の挨拶
日本生活協同組合連合会専務理事 和田 寿昭  8頁
連帯の挨拶 和田 寿昭

挨拶農林水産省生産局畜産部飼料課流通飼料対策室室長 三上 卓矢 10頁 音声の文書化中

基調講演
「水田フル活用と飼料用米の定着に向けて」 農林水産省政策統括官穀物課課長 堺田 輝也 11頁
基調講演 堺田 輝也

12:00〜13:00
展示、試食、休憩 (資料展示 ロビー、試食会 会議室)

13:00〜14:10 表彰式
平成29年度 飼料用米多収日本一表彰式 農林水産省穀物課小口課長補佐が司会25
主催:一般社団法人日本飼料用米振興協会、農林水産省
挨拶:農林水産副大臣 礒崎 陽輔
表彰状・副賞の授与 農林水産大臣賞 単位収量の部及び地域の平均単収からの増収の部
     〃    政策統括官賞     〃
     〃    全国農業協同組合中央会会長賞     〃
     〃    全国農業協同組合連合会会長賞     〃
     〃    協同組合日本飼料工業会会長賞     〃
     〃    日本農業新聞賞     〃
農林水産大臣賞の受賞者の挨拶(河野享功)
     〃        (海地博志)
全体撮影:授与者及び受賞者

平成29年度 飼料用米畜産物ブランド日本一表彰式 日本養豚協会の倉本専務が司会39
主催:一般社団法人日本養豚協会  後援:農林水産省、全国農業協同組合中央会、中央畜産会
挨拶:(一社)日本養豚協会 会長 志澤 勝
結果発表及び講評:福田 晋九州大学大学院農学研究院長(審査委員長)
表彰状・副賞の授与 農林水産大臣賞
     〃    政策統括官賞
     〃    全国農業協同組合中央会会長賞
     〃    中央畜産会会長賞
農林水産大臣賞の受賞者の挨拶(平田牧場 代表者挨拶)
全体撮影:授与者及び受賞者

14:10〜14:30 休憩 舞台装置変更

14:30〜16:30  飼料用米普及のためのシンポジウム2018 第二部

特別報告飼料用米の低コスト生産の展望について
東京農業大学畜産マネジメント研究室教授 信岡 誠治 44頁
特別報告 信岡誠治

活動報告1
養豚経営における飼料用米活用(集荷から給与までの流通改革)
 株式会社木村牧場代表取締役社長 木村洋文 59頁
木村牧場の活動報告 木村洋文

活動報告2
「お米育ち豚プロジェクト」利用を広げる取り組みについて
 コープデリ生活協同組合連合会CSR推進室室長 岩佐 透 67頁
コープデリ生協連の活動報告 岩佐 透

活動報告3
飼料用米を活用した耕畜連携と銘柄卵の確立
農事組合法人会田共同養鶏組合組合長理事 上村博文 72頁
飼料用米の利用の拡大へ 上村 博文

質疑応答(時間の都合で行いませんでした)
進行役  一般社団法人 日本飼料用米振興協会理事・事務局長 若狹良治109

16:30〜16:45
閉会挨拶
一般社団法人 日本飼料用米振興協会 副理事長 加藤 好一110
         (生活クラブ事業連合生活協同組合連合会 会長)
閉会のご挨拶 加藤 好一

資料掲載ページの紹介

太陽工業株式会社 112頁
雪印種苗株式会社 114頁
東京大学弥生キャンパス(弥生講堂)周辺のお食事処マップ 115頁


17:30〜19:00     情報交流会(希望者 3,500円)
  会場移動 農学3号館(正門正面の建物地下)東大生協食堂
シンポジウム終了後、受付に集合してください。事務局がご案内します。


※ 事故防止対策、公衆衛生対策、開催用件は東京大学の規則規定に従います。


12:00〜13:00
展示、試食、休憩

●資料展示のご紹介 (ロビー展示)


 
農事組合法人会田共同養鶏組合(温泉たまご) 活動報告72頁

太陽工業株式会社(飼料用米の屋外・常温保管ユニット)、 資料を111〜112頁に掲載

昭和産業株式会社(オール国産配合飼料使用鶏卵:和のしずく)

株式会社木村牧場(粉砕籾米飼料用米給与の養豚事業と巨大ビニールハウス籾米の保管)、活動報告59頁

中国工業株式会社(飼料用米粉砕添加装置マイスター)

雪印種苗株式会社(いねWCS 籾米用乳酸菌)、 資料を113頁に掲載

●試食のご紹介 (ロビー展示)


農事組合法人会田共同養鶏組合(温泉たまご)、活動報告72頁

昭和産業株式会社(オール国産配合飼料使用鶏卵:和のしずく)


株式会社木村牧場(粉砕籾米飼料用米給与のつがる豚)、活動報告59頁



東都生活協同組合(資料配布)




中国工業株式会社 マイスター PDF

スマホサイトに切り替える

開催しました。
ありがとうございました。
開催報告を掲載しています。
掲載ページにGO

第4回(通算第11回)
飼料用米を活かす
日本型循環畜産推進交流集会


多収量日本一・畜産物ブランド日本一表彰式、飼料用米普及のためのシンポジウム2018
は2018年3月9日に開催します。

主催
一般社団法人 日本飼料用米振興協会
後援
農林水産省

開催会場
東京大学 弥生講堂(一条ホール)

開催日時
2018年3月9日(金)
 10;30 開館
 11:00 開会 〜16:45 閉会

案内パンフレット/参加申込書
案内書のページ GO
案内書パンフレットPDF ダウンロード
参加申込書のページ GO
参加申込書(PDF)のダウンロード
参加申込書(WORD)のダウンロード
参加申込書(Old Word)のダウンロード

参加申込専用アドレス
sympo20180309@j-fra.or.jp

お問い合わせ、ご意見は下記のメールアドレスにお願いします。

postmaster@j-fra.or.jp

開館 10:30
開会 11:00〜12:00
シンポジウム(第一部)
12:00〜13:00
展示・試食会、休憩
13:00〜14:10
多収日本一表彰式

畜産物ブランド日本一表彰式
14:10〜14:30
休憩(舞台転換
14:30〜16:30
シンポジウム(第二部)
16:30〜16:45
閉会の挨拶、お知らせ

17:30〜19:00
意見/情報交換懇親会
(希望者有料 3,500円)
会場:東京大学消費生活協同組合
              農学部食堂
建物:農学3号館 地下食堂