●政策統括官賞・豊心ファーム・境谷一智さんの紹介


令和2年度「飼料用米多収日本一」表彰事業調査報告書

 
目次 最新1 GO
受賞者の紹介ページ GO

令和2年度「飼料用米多収日本一」受賞者の概要(1ー2)

【単位収量の部】(敬称略)
                
褒賞名 経営体 (団体名・個人名) 住 所 品種 作付面積(a) 単収量
(kg/10a)
農林水産大臣賞 出島 博昭 秋田県大館市 秋田63号 182 874
政策統括官賞 有限会社 豊心ファーム
代表取締役 境谷 一智
青森県五所川原市 えみゆたか・みなゆたか 3,957 803
全国農業協同組合中央会会長賞 農事組合法人 ふながわ
代表者 由井 久也
富山県下新川郡朝日町 やまだわら 471 832
全国農業協同組合連合会会長賞 浅井 孝司 北海道美唄市 きたげんき 296 839
協同組合日本飼料工業会会長賞 高橋 俊惠 青森県五所川原市 みなゆたか 791 827
日本農業新聞賞 五十嵐 光博 山形県東田川郡庄内町 ふくひびき 408 807

【単位収量の部】
政策統括官賞
有限会社豊心ファーム
代表取締役 境谷 一智(さかいや かずさと)
経営体所在地:青森県五所川原市
団体名・氏名:有限会社豊心ファーム 代表取締役 境谷 一智(さかいや かずさと)
経営状況:(雇用の有無等)通年雇用5人
経営面積:5,503a
水田面積:1,545a
主食用米:作付面積(品種別)3,085a
その他作物 作付状況(品種別):作業受託受託 水稲2,500a、大豆1,000a、大麦3,500a、小麦2,500a、無人へり防除60,000a、稲わら収集作業17,000a
乾燥調整受託:米3,000俵、大豆3,000俵、大麦5,000俵、小麦800俵、
飼料用米作付面積3,958a (みなゆたか 3800a、えみゆたか 157a)
品種名:みなゆたか、えみゆたか
10a当たり収量:803s
地域平均単収との収量差:130s
出荷先:鞄本農産工業

調査項目 当年産の取組状況について
【生産面の取組】
品種の選定理由地域の気候に適している強い耐寒性をもち、多種性品種のため安定した収量を確保できるため。
育苗における省力・コスト低減の取組内容移植は苗箱1枚当たり190g播種。
移植以外に乾田直播を取組み管理費を抑えることができる(土代、農薬、人件費など)。
田植えにおける省力・コスト低減の取組内容田植は疎植栽培で前半は50株、中盤から60株に変更して10a当たり20〜22枚使用。
田植えに数日かかるため、北国は寒いので分げつ期間を考慮し前半は株数を疎植で、後半は60株にしている。
多収に向けた施肥管理の取組内容移植栽培は慣行の化成肥料を使用。一発肥料を使用せず追肥は時期を明確なタイミングで3回に分け、出穂前の窒素成分で5キロ、手直しを2キロ、穂肥で2キロ施肥。
V溝播種の乾田直播で7ha取り組み、一発肥料を使い窒素成分で16キロ施肥、収量平均13.2俵を達成。
施肥作業の省力・コスト低減の取組内容移植栽培では肥料をフレコンで購入し、単価を下げコスト低減。散布作業時間も短縮し人件費低減を実現。
病害虫防除方法及び省力化の取組内容無人ヘリでの散布2回。いもち病については徹底的に予防
雑草防除方法及び省力化の取組内容初期段階での除草は一番肝心なので田植後に一発剤(ジャンボ剤)を散布、後から発生する雑草はクリンチャーバスで防除。
収穫・調製作業におけるコスト低減の取組内容主食用の刈取りが終わる10月上旬から、主食用米終了まで数日遅らせることにより、ほ場で立毛乾燥され飼料用米の水分が20%以下で収穫スタート。
その他生産面で先進的な取組内容今後、飼料用米の面積を増やす計画なので、移植栽培だけでは管理しきれないため、令和元年からV溝乾田直播も導入した。2年産は7haでしたが近い将来、飼料用米での取り組み面積の半分を目標に調整したい。

【経営面の取組】
輪作体系の取組内容飼料用米と大豆との輪作を3年毎で回す。
経営内での作業競合が生じないよう作業分散の取組内容通年雇用労働を、年を通して季節ごとに分散。
春は水稲での移植栽培より先に乾田直播から始まり5月中までにこなす。
6月末から大麦の収穫が始まり乾燥調製。
7月10日以降から小麦の収穫、乾燥調製があり7月下旬まで。
9月10日以降から稲の収穫9月中に主食用を終わらせ10月からは飼料用米を収穫し10月20日までに終わらせ。
10月末から大豆の収穫が始まり11月中旬から大豆選別作業も始まり1月末までに終了。
2月からは稲わら収集したものを選別(腐食しているものを取り除く)。
3月は育苗箱に使うもみ殻の燻炭づくり。
(田植えが終わってから草刈りの管理作業も始まり稲の収穫寸前までに3回草刈りをこなす。また、9月の末からは稲わら収集も始まり10月末まで行う。)
農地集積及び団地化による経営規模の拡大の取組内容人・農地プランや中間管理機構を利用し、近隣の方からお借りした田んぼを、エリア別に作目を分け集積。
移動時間や作業面で効率アップした。
流通コストの低減の取組内容弊社では、大豆以外の農産物は出荷9割以上をフレコンにしている。また、相手業者との契約は置き場の値段で取引しているので運搬の経費も負担が少ない。大豆以外は10月末までに出荷完了することで在庫を抱えなくても良い。飼料用米も10月末までに出荷終了。
実需者ニーズに対応した安定供給体制取組内容毎年1月には商社に出向き今年度の動向や戦略作物とのバランスを確認(価格相場や面積など)。主食用も必要とされる品種を作付けし信用のおける相手業者との契約を持続。飼料用米についても同じく生産者や面積が増えてもいいように出荷する枠を確保。また地元の生産者にも補助金など加算金を説明し飼料用米に興味を持っていただくなど。
その他経営面で先進的な取り組み内容アグリノートでの農地管理を従業員も共有することで、増えていく借用農地をカバー。

【地域との連携及び生産技術の普及・啓発】
耕畜連携による効率的な生産体制の取組内容稲わら収集することで耕畜連携が可能になり畜産業者からは堆肥を格安で購入。その堆肥を稲や大豆畑に散布。
生産技術の普及を図るために、地域内で取組内容近隣地域ではV 溝乾田直播が増えている。春作業の労働時間や経費を削減できる。
特に模範となる特徴的な取組内容土地利用型エリアなので大豆との輪作体系や乾田直播での取り組み。将来、管理面積の半分以上を目標。
その他コスト低減を重視すると飼料用米では収量を確保するのが難しい。乾田直播できる農地整備された条件が良いところはいいが、泥炭や区画の狭いところ・暗渠の水はけが悪いところでは移植での取り組みになる。また、質より量を求める飼料用米では一発肥料に頼らない。追肥(窒素)をいかに徹底して収量に結び付けるかが大事。人件費や作業日数が多くなるが105,000円/10aを目指すことで生産者の喜びにもつながり、収量の多い圃場を見てほかの生産者の相乗効果にも繋がっている。(多く収量を上げようとする気持ちになる)飼料用米の数量払い交付金を、年内12月末までに一括交付のため、出荷を10月末までに終え速やかに報告書を提出。

飼料用米多収日本一表彰事業

令和2年度 受賞者

【単位収量の部】

政策統括官賞

有限会社豊心ファーム

代表取締役 境谷 一智(さかいや かずさと)殿



経営体所在地:青森県五所川原市

経営状況  :(雇用の有無等)通年雇用5人

経営面積  :5,503a         水田面積:1,545a

主食用米  :作付面積(品種別)3,085a

その他   :水稲2,500a、大豆1,000a、大麦3,500a、小麦2,500a

       無人へり防除60,000a、稲わら収集作業17,000a

乾燥調整受託:米3,000俵、大豆3,000俵、大麦5,000俵、小麦800俵


飼料用米作付面積    :3,958a

品種名         :みなゆたか 3800a、えみゆたか 158a

10a当たり収量     :803s

地域平均単収との収量差 :130s

出荷先         :鞄本農産工業



農林水産省・一般社団法人日本飼料用米振興協会


スマホサイトに切り替える

ご案内

2021年社員総会のご案内

昨年2020年の定時社員総会は、書面議決で実施しました。

今年は6月10日(木)15:00〜16:00 にリモート(zoom)で開催します。事務局・さいたま支局がホストとなり、総会を運営します。

15分前に、正会員、賛助会員・理事/監事に招待メールをお送りします。


本部

東京都中野区弥生町1-17-3

TEL   03-3373-8119

さいたま支局

さいたま市南区内谷5−4−14−1006

070-3522-3151

以上

第8回理事会 理事会開催要領

1.日時:2021年4月16日(金)     15:00〜17:00

2.会場、開催方法

  リモート(zoom)で

  開催します。事務局・さいたま支局

  がホストとなり、

  会議を運営します。

  15分前に、理事/監事

  に招待メールをお送りします。


一般社団法人日本飼料用米振興協会

理事長 海老澤 惠子