●全国農業協同組合連合会 会長賞・浅井孝司さんの紹介


令和2年度「飼料用米多収日本一」表彰事業調査報告書

 
目次 最新1 GO
受賞者の紹介ページ GO

令和2年度「飼料用米多収日本一」受賞者の概要(1ー4)

【単位収量の部】(敬称略)
                
褒賞名 経営体 (団体名・個人名) 住 所 品種 作付面積(a) 単収量
(kg/10a)
農林水産大臣賞 出島 博昭 秋田県大館市 秋田63号 182 874
政策統括官賞 有限会社 豊心ファーム
代表取締役 境谷 一智
青森県五所川原市 えみゆたか・みなゆたか 3,957 803
全国農業協同組合中央会会長賞 農事組合法人 ふながわ
代表者 由井 久也
富山県下新川郡朝日町 やまだわら 471 832
全国農業協同組合連合会会長賞 浅井 孝司 北海道美唄市 きたげんき 296 839
協同組合日本飼料工業会会長賞 高橋 俊惠 青森県五所川原市 みなゆたか 791 827
日本農業新聞賞 五十嵐 光博 山形県東田川郡庄内町 ふくひびき 408 807

【単位収量の部】
全国農業協同組合連合会・会長賞
浅井 孝司(あさい こうじ)
経営体所在地: 北海道美唄市中村町北
団体名・氏名:浅井 孝司(あさい こうじ)
経営状況 (雇用の有無等):妻と息子の3人で営農。飼料用米:296a・大豆:352a・秋小麦614a・春小麦190a・なたね341a  
経営面積:1,793a
水田面積:296a
主食用米 作付面積(品種別):作付なし
その他作物 作付状況(品種別):ユキホマレ(大豆)352a・きたほなみ(秋小麦)614a・春よ恋(春小麦)190a・キザキノナタネ(なたね)341a
飼料用米作付面積:296a 
品種名:きたげんき
10a当たり収量:839kg 
地域平均単収との収量差:254kg 
出荷先:JAびばい

調査項目 当年産の取組状況について
【生産面の取組】
品種の選定理由 平成27年産から多収品種の「たちじょうぶ」で飼料用米の取り組みを始めたが、極晩生品種であるため収穫時期が極端に遅くなり、かつ成熟期が遅く青未熟米の発生が多くなり収量は伸び悩んだ。そのため30年産からは、多収で耐倒伏性・穂ばらみ期耐冷性に強く、出穂期はやや早、成熟期はやや晩であるが極端に収穫期が遅れない「きたげんき」を選定。「たちじょうぶ」から「きたげんき」に変更することで登熟が早まり、黄化率が85〜90%以上で刈り取りが出来るようになり、近年収量を上げていることから本年も「きたげんき」を選定した。
育苗における省力・コスト低減の取組内容 置床鎮圧を行うことにより、苗取り作業の身体にかかる負担が軽減され省力化を図ることが出来た。また、置床と育苗箱との間に隙間ができず、生育ムラがなく、根巻きも良好で健苗育成を行うことが出来た。
田植えにおける省力・コスト低減の取組内容 生産コスト低減と省力化の取組として、栽植密度を慣行23〜24株/uから19〜20株/uに減らすことで、育苗箱数を減らし生産コストの低減と省力化に努めている。
多収に向けた施肥管理の取組内容 例年同様基肥には化成肥料N9.6kg/10a、側条施肥に化成肥料N4kg/10aを施用し収量を上げた。側条施肥に高窒素肥料を用いる(以前よりN1.2kg増)ことで、初期生育の促進に努め、また育苗時に発根促進剤を施用し移植後直ぐに根を活着させ初期生育の促進を図った。

【生産面の取組】
施肥作業の省力・コスト低減の取組内容 圃場の大区画化に伴い、基肥を20kg袋から500kgフレコンへ変更し、作業の省力化とコスト低減に取り組んだ。
病害虫防除方法及び省力化の取組内容 通常4回のところ、本田防除で出穂前にいもち病と殺虫の混合剤1回のみを無人ヘリコプターにより施用し、省力化をはかっている。なお、飼料用米の場合、主食用米ほどカメムシ等による虫害は問題とならない。
雑草防除方法及び省力化の取組内容 雑草の発生に合わせて複数回除草する体系処理を行っているが、初中期一発剤1回(田植から約1か月の間に1回)の使用で雑草を抑制し、省力化を実現している。
収穫・調製作業におけるコスト低減の取組内容 収穫から乾燥・調製までを中村共同施設利用組合(中村RC)という集団で共同で行うことにより、収穫機械や乾燥機、調製施設にかかるコストを、スケールメリットにより減らしている。また、作業についても共同作業により、一人当たりの作業時間及び負担を減らしている。
その他生産面で先進的な取組内容 来年産以降ドローンを導入し、適期防除と作業の更なる省力化・効率化に取り組み、ICT農業を最大限に活用していきたい。

【経営面の取組】
輪作体系の取組内容現在は田畑輪換は取り組んでおらず、畑作物の輪作のみ取り組んでいる。次年産からは田畑輪換での取組を検討中。
経営内での作業競合が生じないよう作業分散の取組内容春作業(耕起・播種等)の競合を極力避けるため、麦・大豆・なたねの輪作作物を計画的に導入し、作業バランスを考え作付を行った。
また、本年から後継者へ経営指導を行いながら全体作業の分散を図り、作業効率の向上を図った。
農地集積及び団地化による経営規模の拡大の取組内容 農地集積及び作物による団地化は作業効率向上と生産コスト低減の為、次作物も考えながら計画的に取り組んでいる。今後は後継者とも相談の上、経営規模の拡大を図っていきたい。
流通コストの低減の取組内容飼料用米の収穫後は、籾を運搬用ダンプにて中村RCへ搬入し乾燥・調製を行い、フレコンでばら検査を受けJAびばいへ出荷している。安価で大型の施設を利用し労力・経費を抑えている。
JAびばいからはフレコンのまま畜産事業者へ出荷されている。
実需者ニーズに対応した安定供給体制取組内容 JAびばいでは畜産事業者と複数年契約を結び、飼料用米の安定供給を行っている。
その他経営面で先進的な取り組み内容 JAコネクト(スマホアプリ)を活用し、JAからの営農速報や各種案内をスマホで受信。圃場にいながらも内容確認ができ、効率良く農作業や各種事務手続きを行っている。

【地域との連携及び生産技術の普及・啓発】
耕畜連携による効率的な生産体制の取組内容 稲わらについては、飼料販売業者を介し全量を粗飼料として供給し、耕畜連携による畜産農家へのわら供給(有償)にも取り組んでいる。
生産技術の普及を図るために、地域内で取組内容 JAびばい・空知農業改良普及センターと共同で飼料用米等の現地講習会を実施。栽培計画立案時から収穫までの期間、JAから生産者へ約20回程度「営農情報」が提供され参考としている。
特に模範となる特徴的な取組内容 飼料用米日本一コンテストにエントリーすることにより、地域での飼料用米作付の普及と啓発に取り組んでいる。
その他(上記以外に特徴のある取組内容があれば、記載。
その他、飼料用米に取り組んだ経緯や、当年産に限らず、これまで行ってきた取組内容、多収に至った過去からの経緯等を記載)

飼料用米多収日本一表彰事業
令和2年度 受賞者
【単位収量の部】
全国農業協同組合連合会・会長賞
浅井 孝司(あさい こうじ) 殿


経営体所在地: 北海道美唄市中村町北
経営状況  : 妻と息子の3人で営農
経営面積  : 1,793a     水田面積  :296a
主食用米  : 作付なし
その他作物 : ユキホマレ(大豆)352a・きたほなみ(秋小麦)614a・
        春よ恋(春小麦)190a・キザキノナタネ(なたね)341a

飼料用米作付面積   :296a
品種名        :きたげんき
10a当たり収量    :839kg
地域平均単収との収量差:254kg 
出荷先        :JAびばい


農林水産省・一般社団法人日本飼料用米振興協会



スマホサイトに切り替える

ご案内

2021年社員総会のご案内

昨年2020年の定時社員総会は、書面議決で実施しました。

今年は6月10日(木)15:00〜16:00 にリモート(zoom)で開催します。事務局・さいたま支局がホストとなり、総会を運営します。

15分前に、正会員、賛助会員・理事/監事に招待メールをお送りします。


本部

東京都中野区弥生町1-17-3

TEL   03-3373-8119

さいたま支局

さいたま市南区内谷5−4−14−1006

070-3522-3151

以上

第8回理事会 理事会開催要領

1.日時:2021年4月16日(金)     15:00〜17:00

2.会場、開催方法

  リモート(zoom)で

  開催します。事務局・さいたま支局

  がホストとなり、

  会議を運営します。

  15分前に、理事/監事

  に招待メールをお送りします。


一般社団法人日本飼料用米振興協会

理事長 海老澤 惠子