●政策統括官賞・遠目塚 春生さんの紹介


令和2年度「飼料用米多収日本一」表彰事業調査報告書

 
目次 最新1 GO
受賞者の紹介ページ GO

令和2年度「飼料用米多収日本一」受賞者の概要(2ー2)

【地域の平均単収からの増収の部】(敬称略)
褒賞名 経営体(団体名・個人名) 住 所 品種 作付面積(a) 地域の平均単収からの増収
( kg/10a )
農林水産大臣賞 農事組合法人 伏古生産組合
代表理事 柴田 隆
北海道上川郡愛別町 そらゆたか 736 283
政策統括官賞 遠目塚 春生 宮崎県えびの市 ミズホチカラ 111 210
全国農業協同組合中央会会長賞 伊藤 裕彦 北海道石狩郡当別町 そらゆたか 253 255
全国農業協同組合連合会会長賞 天水 茂 北海道磯谷郡蘭越町 そらゆたか 141 249
協同組合日本飼料工業会会長賞 カンドーファーム株式会社
代表取締役 田尻 一輝
島根県松江市 ミズホチカラ 407 203
日本農業新聞賞 柿並 博志 宮崎県都城市 ミズホチカラ 116 235

【地域の平均単収からの増収の部】
政策統括官賞
遠目塚 春生(とおめつか はるお)
経営体所在地:宮崎県えびの市
団体名・氏名:遠目塚 春生(とおめつか はるお)
経営状況 (雇用の有無等)家族経営(本人・妻・父)、雇用なし
経営面積1,719a
水田面積1,719a
主食用米 作付面積(品種別)1,039a
その他作物 作付状況(品種別)WCS:259a、麦135a、大豆114a、ソバ90a、里芋22a
飼料用米作付面積111a
品種名ミズホチカラ
10a当たり収量723kg
地域平均単収との収量差210kg
出荷先集荷業者(合名会社町屋商店)→飼料会社→養豚農家(有限会社レクスト)

調査項目 当年産の取組状況について
【生産面の取組】
品種の選定理由ミズホチカラについては、倒伏に強く、多収品種のため低コスト栽培に適している。豚の飼料としても優れているため、養豚農家への供給を行っている状況では最適品種。また、九州地方では晩生に属するため、主食用米(ヒノヒカリ)との収穫時期の差が生まれ、機械の有効利用が図られ、米の混在が避けられる。
育苗における省力・コスト低減の取組内容種子の温湯消毒の実施や苗箱の床土の削減を行っている。
田植えにおける省力・コスト低減の取組内容大型機械導入により、作業の効率化を図っている。
   ※ 将来はほ場の大区画化を行うため、自ら役員としてほ場整備の推進に邁進している。
多収に向けた施肥管理の取組内容毎年、畜産農家から完熟たい肥(牛ふん堆肥)を購入し、2.0t/10a施肥するとともに、元肥・追肥についてはほ場・生育の状況を観察しながら対応を行っている。
施肥作業の省力・コスト低減の取組内容元肥については、田植同時施肥機で、側条施肥により10aあたり肥料のコスト減、また散布の省力に努めている。
病害虫防除方法及び省力化の取組内容防除については、基本的には箱剤のみとし、その箱剤についても田植同時散布のため、省力化を実行している。また、病害虫が発生した場合は、生育の状況を日々観察することで、適期防除に努め、効果的な防除体系を確立している。
雑草防除方法及び省力化の取組内容除草剤については、田植同時施用により省力化を実現し、水管理によりその効果を高めている。
収穫・調製作業におけるコスト低減の取組内容高性能機械を導入し、作業の効率化及び低コスト化に取り組んでいる。また、乾燥調製作業については、自己で行うことができるため、コスト低減や十分な乾燥調製を図ることができ、品質向上に繋がっている。
その他生産面で先進的な取組内容適正な元肥、追肥など、継続した土づくりにより、年々飼料用米の収量増加に繋がっている。

【経営面の取組】
輪作体系の取組内容飼料用米、主食用米、麦、大豆、ソバ、里芋等を作付けし、土地の有効利用を図ることで、全ての土地ではないが輪作体系の取組を行っている。
経営内での作業競合が生じないよう作業分散の取組内容機械の有効利用や作業の効率化を図るために、飼料用米、主食用米、麦、大豆、ソバなどを作付けし、土地の有効利用に心がけている。また、飼料用米、主食用米については収穫時期の分散化を図るために、計画的作付け体系を組んでいる。
農地集積及び団地化による経営規模の拡大の取組内容飼料用米、主食用米の作付け圃場については、作業の効率化を図るため農地の集約に努め、ゾーニングに取組んでいる。また、地域での農地の賃借を行うとともに、再ほ場整備によるほ場の拡大、および農地の集約を計画している。
流通コストの低減の取組内容自ら乾燥施設を所有し、フレコンバックによる出荷を行っており、出荷先は市内の米集荷業者となっている。
実需者ニーズに対応した安定供給体制取組内容畜産農家、飼料業者等で構成される「えびの市エコフィード利用・増産推進協議会」のメンバーである集荷業者より、畜産農家のニーズを把握するとともに、ニーズに応じた飼料用米の安定供給に努めている。同協議会の大規模養豚農家に飼料用米が供給されており、この飼料用米を給与した「いもこ豚」として、ブランド化が図られている。また、安定供給を担うため、飼料用米の複数年契約にも取り組む。
その他経営面で先進的な取り組み内容大区画ほ場整備を推進することで、本人だけではなく地域の所得向上のための取組を、地域の中心農家として啓発している。

【地域との連携及び生産技術の普及・啓発】
耕畜連携による効率的な生産体制の取組内容毎年、畜産農家から完熟たい肥(牛ふん堆肥)を購入し施肥しているとともに、収穫後のワラについては畜産農家に供給している。収穫した飼料用米については、集荷業者を通じて市内の養豚農家に供給され、地域内での耕畜連携が図られている。
生産技術の普及を図るために、地域内で取組内容毎年行っている飼料用米の栽培講習会に参加するとともに、他の生産者との意見交換等を行い、収量及び品質の向上を図っている。また、JAえびの市稲作振興会の地区役員として、主食用米の良食味生産や他の生産者への啓発を行っている。
特に模範となる特徴的な取組内容地域土地改良区の理事を務め、農地の保全、農地の有効利用推進の取組を積極的に行っている。また、生産基盤の確立を図るために、ほ場整備事業の役員として、地域の農地所有者への事業の推進を行っている。加えて、地域の籾摺り・乾燥組合(えびの市籾摺組合)の役員を受け持ち、主食用米の品質向上の一翼を担っている。
その他(上記以外に特徴のある取組内容があれば、記載。
その他、飼料用米に取り組んだ経緯や、当年産に限らず、これまで行ってきた取組内容、多収に至った過去からの経緯等を記載)  
主食用米の需要が減少する中で、市内の養豚農家(集荷業者)からの要望があり、自らが作付けした飼料用米が市内における別の農畜産物(豚肉)のブランド化に協力できれば大変な喜びが生まれると思い、作付けを決断した。また、稲作用の機械全般の有効利用を図られることで、低コスト化・所得の向上に繋がると考えた。以前から、苗の定植幅を変えたり、どの様な作付け体系が、多収に繋がるか、自ら試験・調査等を行っている。

飼料用米多収日本一表彰事業
令和2年度 受賞者
【地域の平均単収からの増収の部】
政策統括官賞
遠目塚 春生(とおめつか はるお) 殿


経営体所在地: 宮崎県えびの市
経営状況  : 家族経営(本人・妻・父)、雇用なし
経営面積  : 1,719a       水田面積  : 1,719a
主食用米  : 1,039a
その他作物 : WCS:259a、麦135a、大豆114a、ソバ90a、里芋22a

飼料用米作付面積   :111a
品種名        :ミズホチカラ
10a当たり収量    :723kg
地域平均単収との収量差:210kg
出荷先        :集荷業者(合名会社町屋商店)→飼料会社
            →養豚農家(有限会社レクスト)


農林水産省・一般社団法人日本飼料用米振興協会


スマホサイトに切り替える

ご案内

2021年社員総会のご案内

昨年2020年の定時社員総会は、書面議決で実施しました。

今年は6月10日(木)15:00〜16:00 にリモート(zoom)で開催します。事務局・さいたま支局がホストとなり、総会を運営します。

15分前に、正会員、賛助会員・理事/監事に招待メールをお送りします。


本部

東京都中野区弥生町1-17-3

TEL   03-3373-8119

さいたま支局

さいたま市南区内谷5−4−14−1006

070-3522-3151

以上

第8回理事会 理事会開催要領

1.日時:2021年4月16日(金)     15:00〜17:00

2.会場、開催方法

  リモート(zoom)で

  開催します。事務局・さいたま支局

  がホストとなり、

  会議を運営します。

  15分前に、理事/監事

  に招待メールをお送りします。


一般社団法人日本飼料用米振興協会

理事長 海老澤 惠子