会場案内 東京大学農学部・弥生講堂 


東京大学弥生キャンパス案内



「飼料用米普及のためのシンポジウム2017」
にご参加の皆様に東京大学弥生キャンパスのご案内します。

農学部正門を入ってすぐ左側に新名所ができましたので、お楽しみいただけます。

渋谷駅前でご主人様を待ち通しであったハチ公が80年ぶりにご主人に会えたほのぼのとした銅像が建立されました。



東京大学・農学部(弥生キャンパス)周辺の地下鉄アクセス


一番、便利なのは地下鉄南北線/東大前ですが、下図の通り、東京大学の弥生、本郷の周辺には多くの地下鉄の駅があります。ご参考にしてください。



農正門、農学資料館

農正門
農正門

農学資料館
農学資料館

農学部の正門(農正門)は、地下鉄東大前駅から歩いて0分です。正門を入ってすぐ右側には、農学資料館があります。

農学部が所蔵する貴重な資料を年に一度入れ替えながら展示しています。

弥生講堂、弥生講堂アネックス

弥生講堂
弥生講堂

弥生講堂アネックス
弥生講堂アネックス

正門を入って右側奥には弥生講堂、左側に弥生講堂アネックスがあります。

弥生講堂は、学会発表やシンポジウムなどに使われています。弥生講堂アネックスは、平成20年に完成した、学会の懇親会やセミナー、講義などに利用できる多目的スペースです。どちらも、ユニークなデザインの木造の建物が目を引きます。

農学部1号館〜7号館、生命科学総合研究棟、フードサイエンス棟

研究室や講義室・実験室などは、農学部1号館から7号館(4号館はありません)、生命科学総合研究棟、フードサイエンス棟などにあります。正門から見ると、右側に農学部1号館、左側に農学部2号館、正面奥に農学部3号館が見えます。これらの建物は、戦前に建設された風格のある建物で、とくに3号館は、東京都選定歴史的建造物に指定されています。3号館には、学生サービスセンター、事務室、国際交流室、農学部生協などの施設があり、農学部の中心となる建物です。3号館の北側には、農学部の新しい建物が立ち並んでいます。

農学部1号館
1号館

農学部2号館
2号館

農学部2号館別館
2号館別館

農学部3号館
3号館

農学部5号館
5号館

農学部6号館
6号館

農学部7号館A
7号館A

農学部8号館B
7号館B

生命科学総合研究棟
生命科学総合研究棟

生命科学総合研究棟B
生命科学総合研究棟B

フードサイエンス棟
フードサイエンス棟

生命科学総合研究棟は、分子細胞生物学研究所といっしょに利用しており、周辺に配慮した4階建ての建物の屋上には、温室の設備があります。余談ですが、最近、弥生式土器の発見地が、実は、生命科学総合研究棟のあたりではなかったか、という説が発表されました。生命科学総合研究棟Bは、2011年11月に竣工しました。

フードサイエンス棟は2010年12月に竣工となった地上8階建ての建物です。食の安全研究センターを中心とし、中島董一郎記念ホール、産学連携研究室・実験室及び動物飼育実験施設等の設備があります。

そのほか、研究室がある主な建物

以下の建物は、農学部キャンパス内にあり、建物(の一部)に農学部の研究室があります。

生物生産工学研究センター
生物生産工学研究センター

分子細胞生物学研究所
分子細胞生物学研究所

IML
IML

南門と陸橋

南門
南門

陸橋
陸橋

南門は、言問通りに面していて、根津や弥生坂からのアクセスに便利です。

陸橋は、言問通りをまたいで本郷キャンパスと連絡します。

農学生命科学図書館

図書館本館

3号館の北側、言問通り沿いにあります。研究科全体の図書館ですが、全国農学系拠点図書館になっていて、膨大な資料が保存されています。

図書・雑誌の閲覧、貸し出しのほかに、端末や無線LANの利用が可能です。

圃場

農学部キャンパスの北側には圃場が広がっています。圃場は、農学部特有の施設で、植物を育て研究するスペースです。

都内の真ん中にハウスや畑?と思われるかも知れませんが、ここでも、農学の最先端の研究が行われています。

動物医療センター

動物の診断と治療を行っています。大学の施設として、学生の教育・研究も重要な目的となっています。

学生サービスセンター

農学部3号館の1階にあり、いろいろな証明書の発行や、事務手続きは、ここで行われます。教務課からのお知らせなどが掲示される掲示板もあります。

農学部生協

売店
売店

食堂
食堂

3号館地下の農学部生協は、東大生協の発祥の地です。売店は小さいですが、食べ物、書籍、文房具、PC関連製品など、一通りのものがそろっています。

食堂は、売店の隣にあります。本郷地区にもすぐに行けますが、敷地内にあるので、食事や買い物に便利です。

農学部グラウンド

農学部キャンパスの西側にグラウンド、テニスコート、野球場といったスポーツ施設があります。全学の施設ですが、農学部の研究室対抗ソフトボールや、サークル活動などによく利用されています。

農学部キャンパスの木

3号館前の銀杏(新緑のころ)
3号館前の銀杏(新緑のころ)

3号館前の銀杏(秋)
3号館前の銀杏(秋)

キャンパスの木の有効利用1
キャンパスの木の有効利用1

キャンパスの木の有効利用2
キャンパスの木の有効利用2

農学部キャンパスは緑が多く、大きな木がたくさんあります。

一部、木が大きくなりすぎたため、やむを得ず、何本か伐採しましたが、その切り株や木材を利用して癒しの場を作っています。

農学部3号館の中庭

3号館の中庭は、雑草や雑木が生い茂り梅や桜の木などは病害虫に荒され放題でしたが、MIDORANGERSという職員のグループのボランティアで整備されました。

附属演習林や農場、牧場からの支援もあり、農学部ならではの活動と言えます。現在は、巨大なベンチや花壇も作られ、憩いの場になっています。





スマホサイトに切り替える

実施案内



参加募集は、今年(平成29年5月1日から
行います。



開催予告

第4回(通算第11回)
飼料用米を活かす
日本型循環畜産推進交流集会

平成29年度飼料用米多収量日本一表彰式・
飼料用米普及のためのシンポジウム2018
は2018年3月9日に開催する予定です。

開催会場
東京大学 弥生講堂(一条ホール)

開催日時
2018年3月19日(金)
 時間は未定 (検討しています9
シンポジウム
展示・試食会
飼料用米多収日本一表彰式


意見/情報交換懇親会
 17:30〜19:00(予定)
(希望者有料 3,500円)
会場:東京大学消費生活協同組合
    農学部食堂

お問い合わせ、ご意見を
下記のメールアドレスに
お願いします。

postmaster@j-fra.or.jp