あなたは
アクセスカウンター

人目のご訪問者です。

 コープあいち、東海コープ事業連合の飼料用米普及活動




2016年8月20日

これまでに、飼料用米普及のためのシンポジウム(飼料用米を活かす日本型循環畜産推進交流集会)で
発表していただいた資料(PDF)をダウンロードしていただけます。

2016年 第9回 シンポジウム発表資料 PDF





東海コープのページ

はぐくみ自慢 畜産物商品 商品紹介

生協たまご(白・赤)

■生産者/メーカー クレスト

■産地 岐阜県

■商品の特徴
 生協たまご(白)は、毎週企画があり生協の主力商品です。生協の産消提携先が、生協鶏卵の指針に沿って管理・生産しています。

こだわりのポイント

生協たまごは基本、はぐくみ自慢の認証を取得し、配合飼料の中の主原料である「とうもろこしと大豆油粕」について、生協組合員さんの願いから「遺伝子組み換えでない」ものをこだわって使用しています。2012年1月から、飼料に5%の国産飼料用米を配合しています。

生産者・メーカーのおはなし

生産者について
生協たまごは、地元の産消提携生産者が生産したたまごです。生産する農場での、鶏の飼育管理・防疫対策・衛生管理・分別管理等、はぐくみ自慢品質指針で定められています。また毎年点検が実施され、より良い生協たまご生産が進められています。

生産地について
生協たまごの生産農場は岐阜県瑞浪市の自然豊かで空気が澄んだ環境の中にあります。高品質な生協たまごを生産するためには「健康な鶏」と「良いエサ」、そして「よい環境」が大切になります。鶏たちは整った環境の中でこだわりのエサをたくさん食べ、毎日たくさんのたまごを産んでくれています。




スマホサイトに切り替える



開催案内

第4回(通算第11回)
飼料用米を活かす
日本型循環畜産推進交流集会


多収量日本一・畜産物ブランド日本一表彰式、飼料用米普及のためのシンポジウム2018
は2018年3月9日に開催します。

主催
一般社団法人 日本飼料用米振興協会
後援
農林水産省

開催会場
東京大学 弥生講堂(一条ホール)

開催日時
2018年3月9日(金)
 10;30 開館
 11:00 開会 〜16:45 閉会

案内パンフレット/参加申込書
案内書のページ GO
案内書パンフレットPDF ダウンロード
参加申込書のページ GO
参加申込書(PDF)のダウンロード
参加申込書(WORD)のダウンロード
参加申込書(Old Word)のダウンロード

参加申込専用アドレス
sympo20180309@j-fra.or.jp

お問い合わせ、ご意見は下記のメールアドレスにお願いします。

postmaster@j-fra.or.jp

開館 10:30
開会 11:00〜12:00
シンポジウム(第一部)
12:00〜13:00
展示・試食会、休憩
13:00〜14:10
多収日本一表彰式

畜産物ブランド日本一表彰式
14:10〜14:30
休憩(舞台転換
14:30〜16:30
シンポジウム(第二部)
16:30〜16:45
閉会の挨拶、お知らせ

17:30〜19:00
意見/情報交換懇親会
(希望者有料 3,500円)
会場:東京大学消費生活協同組合
              農学部食堂
建物:農学3号館 地下食堂

参考

今年度の飼料用米他州日本一表彰事業は、一般社団法人と農林水産省の共同開催で運営しています。
2017年5月1日〜6月30日の日程で、参加生産者の公募を行いました。

実績を2018年1月末までに集約し、2月中旬の審査委員会で受賞者を決定します。

今年度より農林水産省の助成事業で一般社団法人日本養豚協会が主催し、農林水産省が後援をします「畜産物ばうランド日本一表彰式」と共同で運営します。


参加募集は、今年(平成29年5月1日から
行います。