あなたは
アクセスカウンター

人目のご訪問者です。

◆ ホームページの目次(4)


ホームページの目次(4)


ホームページの目次(1)

ホームページの目次(2)

ホームページの目次(3)

ホームページの目次(4)

ホームページの目次(5)

ホームページの目次(6)

ホームページの目次(7)

ホームページの目次(8)

があります。

(数字)をクリックしてください。




以下のシンポジウム関連行事は中止します。


FAX用シンポジウム参加申込書   ワード版   PDF版

  右の文字をクリックして用紙をダウンロードしてください。

用紙に記入してあるFAX番号をお使いください。



メール用シンポジウム参加申込書(下記の通り)

 参加希望者氏名
 組織名(企業名、組織名などを明記。個人の場合はその旨を記載)
 部署名
 役職名
 連絡先 携帯電話:
     固定電話、FAXなど
     メールアドレス:
 報道関係者の場合は記載してください。
 希望事項などございましたら記載ください。

以上を記入して、下記のアドレスにメールを送ってください。

sympo20200318@j-fra.or.jp

今回は「シンポジウム2020」の開催を延期・中止いたしました。
申込みされた場合、自動応答で下記の文書が送信されます。ます。  
メールを受信しました。ありがとうございます。
シンポジウム2020の参加申込みをいただきましたが、残念ながら新型コロナウイルス蔓延防止の
観点から延期いたしました。


次回、毎年開催しております「コメ政策と飼料用米に関する意見交換会」との共催等を含めて検討さ
せてください。

夏の暑さを超え、オリンピックの後などの9月、10月も検討しましたが、コメの刈り入れとも重な
り農繁期と重なります。今後の推移を見ながら適切な時期を選択したいと考えます。

ご教示賜れば幸いです。
今回のメールは今後のご案内に役立てさせてください。

一般社団法人日本飼料用米振興協会
事務局
◆◆お問い合わせ
緊急の場合の下記にお願いします。
wakasa7777ryoji@gmail.com
070-3522-3151
理事・事務局長 若狹良治

最新情報
  シンポジウム2020の参加者募集を行っています

第6回(通算第13回)飼料用米を活かす日本型循環畜産推進交流集会

令和元年度 飼料用米多収日本一、飼料用米活用ブランド日本一 表彰式

      〜飼料用米普及のためのシンポジウム2020〜

  日時:2020年(令和2年)3月18日(水)
      開場:10:30
      シンポジウム開始 11:00 終了 17:00
  会場:東京大学弥生キャンパス 弥生講堂・一条ホール、ロビー、会議室
      一条ホール:シンポジウム、表彰式
      ロビー  :資料展示   会議室:試食会

プログラム(案)


シンポジウム第一部 午前中(11:00〜12:00)
 挨拶    (一社)日本飼料用米振興協会 理事長 海老澤 惠子
 ご挨拶   日本生活協同組合連合会 専務理事 藤井 喜継
 ご挨拶   農林水産省生産局畜産部飼料課 関村 静雄 課長
 基調講演 「飼料用米の推進について」
       農林水産省政策統括官付穀物課長 堺田 輝也
 課題提起 「飼料用米の一層の普及のために」
       (一社)日本飼料用米振興協会 理事 信岡 誠治

昼休(試食会、資料展示)ロビーで資料展示、会議室で試食会を実施します。

 資料展示、試食会等の参加者を募ります。(現在の決定内容)
   試食会  昭和産業(オール国産配合飼料を給与いた鶏卵のゆでたまご)
        平田牧場(飼料用米の配合比率を高めた金華豚、三元豚肉のいャブいャブ)
        現在までの提供予定(募集します)
   資料展示 一般社団法人日本飼料用米振興協会(協力 東京農業大学)
        つくば鶏(内外食品株式会社)
        平田牧場(飼料用米給与の取組み)
        現在までの提供予定(募集します)

表彰式 令和元年度 飼料用米多収日本一、飼料用米活用ブランド日本一 表彰式

◆表彰式運営次第 ※時刻は目安
13:00 開会・挨拶 農林水産大臣

13:05 飼料用米多収日本一 賞状等 授与
    農林水産大臣賞、政策統括官賞
    全国農業協同組合中央会・会長賞、全国農業協同組合連合会・会長賞
    協同組合 飼料工業会・会長賞、日本農業新聞賞
13:30 農林水産大臣賞受賞者 挨拶
13:35 集合写真撮影

13:50 飼料用米活用ブランド日本一 挨拶
13:55 飼料用米活用ブランド日本一 審査委員長講評
14:00 飼料用米活用ブランド日本一 賞状等 授与
    農林水産大臣賞、政策統括官賞
    全国農業協同組合中央会・会長賞、公益
    公益社団法人畜産中央会・会長賞
    審査委員長賞(新設)
14:10 農林水産大臣賞受賞者 挨拶
14:15 集合写真撮影

14:20閉会

シンポジウム第二部 午前中(14:35〜17:00)
 14:35〜15:00 @ 特別講演 「日本農業の進む道と飼料用米」(仮題)
           谷口 信和  東京大学農学部名誉教授(日本農業年報65号 編集代表)
 15:00〜15:25 A 活動報告 「飼料用米生産者からの課題提言」
           村田  洋 株式会社秋川牧園 生産部 次長
 15:25〜15:50 B 活動報告 「飼料用米給与レベルの向上とブランド化を目指いて」(仮題)
           池原  彩  株式会社平田牧場 生産本部 研究開発室長
 15:50〜16:15 C 活動報告 京都生活協同組合におけるこめ卵の取り組み(仮題)
           広池 孝之  京都生活協同組合 地産地消推進担当

 16:15〜16:45 総括質疑応答:進行役:理事 信岡 誠治

 16:45〜16:55 閉会挨拶(一社)日本飼料用米振興協会 副理事長 加藤 好一
(生活クラブ事業連合生活協同組合連合会 会長)

 17:00 閉会

意見交換懇親会(参加自由、有料)
 17:30〜19:00 意見交換交流会(懇親会) 意見交換懇親会
        会 場:東大農学部正門から徒歩約6分 東大正門前
        上海・四川料理の「美味いい屋」 店の1、2階を借り切りまいた。
        参加費:3、500円 (参加者) 当日も募集します

参加者を募集します。本日より募集しています。

 参加希望者氏名
 組織名(企業名、組織名などを明記。個人の場合はその旨を記載)
 部署名
 役職名
 連絡先 携帯電話:
     固定電話、FAXなど
     メールアドレス:
 報道関係者の場合は記載してください。
 希望事項などございましたら記載ください。

以上を記入して、下記のアドレスにメールを送ってください。

sympo20200318@j-fra.or.jp

 自動応答で返事が行きます。その後、参加者証が送られます。

FAX用シンポジウム参加申込書   ワード版   PDF版
  右の文字をクリックして用紙をダウンロードしてください。



飼料用米普及のためのシンポジウム2020

 主 催
   一般社団法人 日本飼料用米振興協会
 後 援
   農林水産省

 正社員
  生活クラブ事業連合生活協同組合連合会
  木徳神糧株式会社
  昭和産業株式会社
  株式会社秋川牧園
  シンジェンタジャパン株式会社
  中国工業株式会社
  ヤンマーアグリジャパン株式会社
  株式会社木村牧場(青森県)
  有限会社鈴木養鶏場(大分県)
  中野区消費者団体連絡会
  NPO未来舎

 賛助会員
  日本生活協協同組合連合会
  生活協同組合おかやまコープ
  庄内みどり農業協同組合
  栃木県開拓農業協同組合
  株式会社平田牧場
  JA加美よつば農業協同組合
  滋賀県飼料米利活用推進協議会
  太陽工業株式会社

 協賛団体(シンポジウム2020)
  東都生活協同組合(昨年実績)
  生活クラブ事業連合生活協同組合連合会(昨年実績)

飼料用米多収日本一表彰式

 主 催
    一般社団法人日本飼料用米振興協会・農林水産省
 後 援
    全国農業協同組合中央会・全国農業協同組合連合会・協同組合日本飼料工業会
 協 力
    日本農業新聞

飼料用米活用畜産物ブランド日本一表彰式

 主 催
    一般社団法人日本養豚協会
 後 援
    農林水産省・全国農業協同組合中央会・公益社団法人中央畜産会



飼料米に関する情報提供のパネル展示や
飼料用米を活用した畜産品(肉、卵、乳製品など)
の試食提供を募集しています。
ふるってご参加ください。
資料展示、試食提供申込書 (ワード版)
資料展示、試食提供申込書 (PDF版)


スマホサイトに切り替える

ご案内

2020年社員総会のご案内(再案内)(訂正、お詫び)

2020年 社員総会開催のお知らせ

先に開催延期をご案内しましたが、6月3日(水)14:00〜15:40 に食糧会館の全米販会議室Bにおいて開催しました。

社員総会を次の通り開催することに決定しました。

会合名称:2020年 定時社員総会

開催日時:2020年6月25日(木)

     13:00〜14:00

会  場:本部会議室

     東京都中野区弥生町1-17-3

TEL   03-3373-8119

開催形式:書面議書による

     議決権行使書

正社員に対して議案書を郵送し、書面議決書を集約し、総開催日に理事長が開書します。賛助会員に対しては、議案書をメールでお送りします。

以上

************

拝啓 ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。

平素は格別のお引立てに預かり厚く御礼申し上げます。

弊協会2020年社員総会を下記の通り開催案内をいたしましたが、新型コロナウイルス蔓延防止の観点から開催日を変更します。

6月3日に理事会を開催して、今後の進め方についてご連絡いたします。

お待ちください。

敬具

理事会開催要領

1.日時:2020年6月3日(水曜日)午後1時〜

2.場所:東京都中央区日本橋小伝馬町15-15 〒103-0001

TEL:03-4334-2100 FAX:03-4334-2107

食糧会館 全米販 5階会議室(B)

3.理事会の目的事項

報告事項

2019年度 事業報告及び決算の承認の件

決議事項

役員改選の件

決議事項

2020年度事業計画書の審議と決議の件

決議事項

以上

郵便番号

〒164-0013

住  所

東京都中野区弥生町1-17-3

電話番号

TEL&FAX 03-3373-8119

一般社団法人日本飼料用米振興協会

理事長 海老澤 惠子


第4回 コメ政策と飼料用米の今後に関する意見交換会2019

の開催案内をプレスリリースしました。
10月2日(水)午後 農林水産省/農政クラブ・農林記者会 で
プレスリリースを配布しました。

掲載ページにGO
参加申込書 掲載ページにGO



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019年度

飼料用米多収日本一表彰事業

5月7日

要綱要領を発表しました

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

飼料用米普及のためのシンポジウム2019

開催案内報告

第5回(通算第12回)

飼料用米を活かす日本型循環畜産推進交流集会

飼料用米多収量日本一

飼料用米活用畜産物ブランド日本一

表彰式

飼料用米普及のためのシンポジウム2019

開催会場

東京大学 弥生講堂(一条ホール)

ホール:シンポジウム・表彰式

ロビー:資料展示会

会議室:試食会

開催日時

2019年3月15日(金)

10;30 開館

11:00 開会 〜16:45 閉会

参集範囲

生産者および生産団体、米穀流通事業者、飼料事業者、流通・物流事業者、消費者団体等、研究者、学生、一般市民等

シンポジウム開催

主催

一般社団法人日本飼料用米振興協会

後援

農林水産省

表彰式の運営

飼料用米多収日本一表彰式

共催

一般社団法人日本飼料用米振興協会・農林水産省

飼料用米活用畜産物ブランド日本一表彰式

主催

一般社団法人日本養豚協会

後援

農林水産省

全国農業協同組合中央会

全国農業協同組合連合会

協同組合日本飼料工業会

協賛

日本農業協同組合


プログラム(敬称略)

11:00〜11:05
主催者挨拶
一般社団法人日本飼料用米振興協会
理事長 海老澤 惠子

11:05〜11:15
連帯の挨拶
日本生活協同組合連合会
常務理事(事業担当) 山本 克哉

11:15〜11:20
挨拶
農林水産省政策統括官付
穀物課長 堺田 輝也

11:20〜11:55
基調講演
「飼料用米の推進について」
農林水産省生産局畜産部
飼料課長 犬飼 史郎

12:00〜12:55
休憩(各自/自由行動)
※ この時間帯を利用して資料展示や試食を行いました。

資料展示:ロビー 試食会:会議室

試食会では、飼料用米を給与した豚肉のシャブシャブや鶏卵を利用したスウィーツなどを用意しました。
なお、ホールでの飲食は禁止されています。

13:00〜14:10
表彰式                         

挨拶 農林水産大臣
政策統括官が代読しました。

◆飼料用米多収日本一表彰式

受賞者代表挨拶(飼料用米多収日本一)

記念撮影

◆飼料用米活用畜産物ブランド日本一表彰式

挨拶
(一社)日本養豚協会 会長 香川 雅彦

受賞者代表挨拶(飼料用米活用畜産物ブランド日本一)

記念撮影

14:10〜14:30
休憩・会場設営 

14:30〜14:55
活動報告
(有)鈴木養鶏場(大分県)
代表取締役会長 鈴木 明久

「飼料用米を取り扱って10年、今後に期待する!」

14:55〜15:20
活動報告
昭和鶏卵株式会社
代表取締役社長 不破 恒昭

「飼料用米を使用した鶏卵の販売普及拡大について」

15:20〜15:45
研究報告
一般社団法人日本飼料用米振興協会
理事 信岡 誠治

「飼料用米の新品種開発の現状と今後」

東京農業大学 農学部畜産学科 前教授日本養鶏協会 エグジェクティブ・アドバイザー

15:45〜16:15
講  演
一般社団法人日本協同組合連携機構(JCA) 常務理事 青竹 豊

「協同組合間連携の取り組みについて〜生産者から消費者まで〜」

16:15〜16:40
総括質疑応答

司会進行:一般社団法人日本飼料用米振興協会 理事 信岡 誠治

16:40〜16:50
閉会挨拶
(一社)日本飼料用米振興協会
副理事長 加藤 好一
(生活クラブ事業連合生活協同組合連合会 会長)

16:50
閉会

意見交換交流会(懇親会)(17:30〜19:00)

会 場
東大正門前
農学部(弥生講堂)正門を本郷方面に
徒歩7分程度
上海・四川料理、創作料理

参加費:3,500円 (希望者)