2015シンポジウム プログラム



飼料用米生産・利用拡大シンポジウム


プログラム


平成27年4月15日(水)15:00〜17:30

4月16日休)9:30〜12:30

農林水産省7階講堂

4月15日(水)【第1部「シンポジウム」】15:00〜17:30

 

1.開会 プログラムページに移動

2.挨拶 

3.皆川農林水産事務次官講演

4.プレゼンテーション

(1)「飼料用米をめぐる情勢について」

飼料用米の推進についての掲載ページに移動

農政改革の経緯のページに移動

初めて飼料用米の生産に取組む皆様への掲載ページに移動

農林水産省 生産局穀物課

(2)「J Aグループにおける飼料用米の生産・利用拡大の取組について」

報告資料→ 掲載ページに移動

全国農業協同組合連合会
営農販売企画部長 谷 清司 氏

(3)「日本飼料工業会の飼料用米への取組について」  報告資料.pdf

(協)日本飼料工業会
専務理事 平野 昭 氏

(4)生活クラブにおける飼料用米の取組について」

報告資料→ 掲載ページに移動

生活クラブ事業連合生活協同組合連合会連合
消費委員会 委員長 藤田ほのみ 氏

(5)「飼料用米を活用した銘柄卵の確立と耕畜連繋について」 報告資料.pdf

農事組合法人会田共同養鶏組合
会長理事 中島 学 氏

(6)「JA島根における飼料用米の取組について」 報告資料.pdf

島根県農業協同組合出雲地区本部
常務理事副本部長 岡田達文 氏

5.質疑

6.閉会


4月16日(木)【第2部「研修会」】9:30〜12:30

1.開会

2.挨拶

3.プレゼンテーション

○農研機構から

(1)「飼料用米の品種及び栽培技術」 報告資料.pdf

中央農業総合研究センター上席研究員 吉永 情志氏

(2)「飼料用米の調製及び牛への給与技術」 報告資料.pdf

畜産草地研究所上席研究員 野中 和久氏

(3)「飼料用米の豚及び鶏への給与技術」 報告資料.pdf

畜産草地研究所領域長 阿部 啓之 氏

(4)「コンタミ(異品種混入)の防止対策について」 報告資料.pdf

生物系特定産業技術研究支援センター 主任研究員 梅田 直円 氏

○都道府県から

(1)「熊本県における飼料用米の安定多収栽培技術の検討」 報告資料.pdf

熊本県農林水産部生産局農産課主幹 堀 孝弘 氏

(2)「泌乳牛への飼料用米の給与方法と地域内流通を活かした事例」 報告資料.pdf

新潟県農業総合研究所畜産研究センター専門研究員 関 誠 氏

4.質疑応答

5.閉会


飼料用米生産・利用拡大シンポジウム

配付資料一覧

@ プログラム

A 会場配置図

B 参加者名簿

C資料1―1 農政改革の経緯(農林水産省)

D資料1−2 食料・農業・農村基本計画の概要(農林水産省)

E資料2  飼料用米の推進について(農林水産省) 飼料用米の推進について.pdf 

      参考資料 飼料用米を初めて生産する皆様へ/平成27年4月
           飼料用米を初めて生産する皆様へ.pdf

F資料3   JAグループにおける飼料用米の生産・利用拡大の取組について(全農)

G資料4   日本飼料工業会の飼料用米への取組について(飼料工業会)

H資料5   生活クラブにおける飼料用米の取組について(生活クラブ生協)

I資料6   飼料用米を活用した銘柄卵の確立と勅書連繋について(会田養鶏)

J資料7   JA島根における飼料用米の取組について(JA島根)

K資料8   飼料用米の品種及び栽培技術(中央農研)

L資料9   飼料用米の調製及び牛への給与技術(畜草研)

M資料10   飼料用米の豚及び鶏への給与技術(畜革研)

N資料11   コンクミ(異品種混入)の防止対策について(生研センター)

O資料12   熊本県における飼料用米の安定多収栽培技術の検討(熊本県)

P資料13   泌乳牛への飼料用米の給与方法と地域内流通を活かした事例(新潟県)


農林水産省

スマホサイトに切り替える



開催案内

第4回(通算第11回)
飼料用米を活かす
日本型循環畜産推進交流集会


多収量日本一・畜産物ブランド日本一表彰式、飼料用米普及のためのシンポジウム2018
は2018年3月9日に開催します。

主催
一般社団法人 日本飼料用米振興協会
後援
農林水産省

開催会場
東京大学 弥生講堂(一条ホール)

開催日時
2018年3月9日(金)
 10;30 開館
 11:00 開会 〜16:45 閉会

案内パンフレット/参加申込書
案内書のページ GO
案内書パンフレットPDF ダウンロード
参加申込書のページ GO
参加申込書(PDF)のダウンロード
参加申込書(WORD)のダウンロード
参加申込書(Old Word)のダウンロード

参加申込専用アドレス
sympo20180309@j-fra.or.jp

お問い合わせ、ご意見は下記のメールアドレスにお願いします。

postmaster@j-fra.or.jp

開館 10:30
開会 11:00〜12:00
シンポジウム(第一部)
12:00〜13:00
展示・試食会、休憩
13:00〜14:10
多収日本一表彰式

畜産物ブランド日本一表彰式
14:10〜14:30
休憩(舞台転換
14:30〜16:30
シンポジウム(第二部)
16:30〜16:45
閉会の挨拶、お知らせ

17:30〜19:00
意見/情報交換懇親会
(希望者有料 3,500円)
会場:東京大学消費生活協同組合
              農学部食堂
建物:農学3号館 地下食堂

参考

今年度の飼料用米他州日本一表彰事業は、一般社団法人と農林水産省の共同開催で運営しています。
2017年5月1日〜6月30日の日程で、参加生産者の公募を行いました。

実績を2018年1月末までに集約し、2月中旬の審査委員会で受賞者を決定します。

今年度より農林水産省の助成事業で一般社団法人日本養豚協会が主催し、農林水産省が後援をします「畜産物ばうランド日本一表彰式」と共同で運営します。


参加募集は、今年(平成29年5月1日から
行います。