ho-mupe-ji

◆ シンポジウム2020 資料集を発刊しました。




資料集目次

資料集の発刊に当たって    一般社団法人 日本飼料用米振興協会 理事長 海老澤 惠子
連帯のご挨拶               日本生活協同組合連合会 専務理事 藤井 喜継
ご挨拶                 農林水産省生産局畜産部飼料課 課長 関村 静雄
開催要領(開催延期のお知らせ)
シンポジウム第一部
基調講演 「飼料用米の推進について」

                 農林水産省政策統括官付穀物課 課長 堺田 輝也
12
課題提起 「飼料用米の一層の普及のために」

                  一般社団法人日本飼料用米振興協会 理事 信岡 誠治
28
令和元年度 飼料用米多収日本一、飼料用米活用ブランド日本一 受賞者の紹介
飼料用米多収日本一  飼料用米活用ブランド日本一
35
シンポジウム第二部
@ 特別講演 「日本農業の進む道と飼料用米」

           東京大学農学部名誉教授 谷口 信和
39
A 活動報告 「飼料用米生産者からの課題提言」

           村田  洋 株式会社秋川牧園 生産部 次長
49
B 活動報告 「飼料用米給与レベルの向上とブランド化を目指いて」

           池原  彩  株式会社平田牧場 生産本部 研究開発室長
60
C 活動報告 京都生活協同組合におけるこめ卵の取り組み

           広池 孝之  京都生活協同組合 地産地消推進担当
70
まとめに代えて

食料・農業・農村基本計画に関する私の意見

一般社団法人日本飼料用米振興協会・副理事長

生活クラブ事業連合生活協同組合連合会・会長

加藤 好一
77
資 料
協同組合 日本飼料工業会 について                 協同組合日本飼料工業会
79
飼料用米の屋外・常温保管ユニット                     太陽工業株式会社
82
和牛肥育への飼料用米導入の経緯とその効果について    農事組合法人和知町升谷畜産振興組合
84
さくらたまごができた理由(わけ)                     京都生活協同組合
92

資料集(PDF)のページにGO


新型コロナウイルス蔓延防止のために

中止しました。。


農林水産省のプレスリリース  PDF

https://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/kokumotu/200226.html 

 左の文字列をクリックすると発表資料をダウンロードできます。


令和元年度

 「飼料用米多収日本一」(主催:一般社団法人日本飼料用米振興協会・農林水産省)

 「飼料用米活用ブランド日本一」(主催:一般社団法人日本養豚協会/農林水産省助成事業)


  飼料用米多収日本一(単位収量の部)
   農林水産大臣賞         相澤 正之 (奈良県)
   政策統括官賞          福士 正弘 (青森県)
   全国農業協同組合中央会・会長賞 出島 博昭 (秋田県)
   全国農業協同組合連合会・会長賞 農事組合法人ふながわ 代表者 由井 久也
                         (富山県)
   協同組合日本飼料工業会・会長賞 上田 驕@ (秋田県)
   日本農業新聞賞         小松田 光二(秋田県)

  飼料用米多収日本一(地域平均単収からの増収の部)
   農林水産大臣賞         株式会社アグリイワナガ 代表取締役 岩永 新一郎
                         (佐賀県)
   政策統括官賞          牟田 基治 (佐賀県)
   全国農業協同組合中央会・会長賞 株式会社M’s green 代表取締役 松永 浩二
                         (佐賀県)
   全国農業協同組合連合会・会長賞 梅崎 聖人 (福岡県)
   協同組合日本飼料工業会・会長賞 筑紫 東治 (佐賀県)
   日本農業新聞賞         溝口 康博 (佐賀県)

  飼料用米活用ブランド日本一
   農林水産大臣賞         オクノの玉子 株式会社オクノ
                         (兵庫県)
   政策統括官賞          桜井さんちのひたち米豚 常陽発酵農法牧場株式会社
                         (茨城県)
   全国農業協同組合中央会・会長賞 えこめ牛 JA菊池ホルス研究会
                         (熊本県)
   公益社団法人畜産中央会・会長賞 平飼い米たまご、おこめ美人 株式会社地主協和協会
                         (三重県)
   審査員特別賞          川添ヤギ牧場のヤギミルク 川添ヤギ牧場
                         (高知県)
                   こだわり卵ボリスブラウン 奈良県立磯城野高等学校                          (奈良県)

シンポジウム中止のお知らせ


新型コロナウイルスの流行を受け、蔓延防止の観点から

3月18日(水)実施予定の

飼料用米普及のためのシンポジウム2020

を中止いたします。

今後の取り組みについては順次お知らせいたします。

例年開催しております「コメ政策と飼料用米に関する意見交換会」は

11月をめどに開催する予定です。

関係各位と相談の上あらためてご案内を差し上げます。


一般社団法人日本飼料用米振興協会

理事長 海老澤 惠子

理事・監事一同


スマホサイトに切り替える

ご案内

2020年社員総会のご案内

(再案内)

2020年 社員総会開催のお知らせ

先に開催延期をご案内しましたが、6月3日(水)14:00〜15:40 に食糧会館の全米販会議室Bにおいて開催しました。

社員総会を次の通り開催することに決定しました。

会合名称:2020年 定時社員総会

開催日時:2020年6月25日(木)

     13:00〜14:00

会  場:本部会議室

     東京都中野区弥生町1-17-3

TEL   03-3373-8119

開催形式:書面議書による

     議決権行使書

正社員に対して議案書を郵送し、書面議決書を集約し、総開催日に理事長が開書します。賛助会員に対しては、議案書をメールでお送りします。

以上

************

(訂正、お詫び)

拝啓 ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。

平素は格別のお引立てに預かり厚く御礼申し上げます。

弊協会2020年社員総会を下記の通り開催案内をいたしましたが、新型コロナウイルス蔓延防止の観点から開催日を変更します。

6月3日に理事会を開催して、今後の進め方についてご連絡いたします。

お待ちください。

敬具

理事会開催要領

1.日時:2020年6月3日(水曜日)午後1時〜

2.場所:東京都中央区日本橋小伝馬町15-15 〒103-0001

TEL:03-4334-2100 FAX:03-4334-2107

食糧会館 全米販 5階会議室(B)

3.理事会の目的事項

報告事項

2019年度 事業報告及び決算の承認の件

決議事項

役員改選の件

決議事項

2020年度事業計画書の審議と決議の件

決議事項

以上

郵便番号

〒164-0013

住  所

東京都中野区弥生町1-17-3

電話番号

TEL&FAX 03-3373-8119

一般社団法人日本飼料用米振興協会

理事長 海老澤 惠子

第4回 コメ政策と飼料用米の今後に関する意見交換会2019

の開催案内をプレスリリースしました。
10月2日(水)午後 農林水産省/農政クラブ・農林記者会 で
プレスリリースを配布しました。

掲載ページにGO
参加申込書 掲載ページにGO




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019年度

飼料用米多収日本一表彰事業

5月7日

要綱要領を発表しました

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

飼料用米普及のためのシンポジウム2019

開催案内報告

第5回(通算第12回)

飼料用米を活かす日本型循環畜産推進交流集会

飼料用米多収量日本一

飼料用米活用畜産物ブランド日本一

表彰式

飼料用米普及のためのシンポジウム2019

開催会場

東京大学 弥生講堂(一条ホール)

ホール:シンポジウム・表彰式

ロビー:資料展示会

会議室:試食会

開催日時

2019年3月15日(金)

10;30 開館

11:00 開会 〜16:45 閉会

参集範囲

生産者および生産団体、米穀流通事業者、飼料事業者、流通・物流事業者、消費者団体等、研究者、学生、一般市民等

シンポジウム開催

主催

一般社団法人日本飼料用米振興協会

後援

農林水産省

表彰式の運営

飼料用米多収日本一表彰式

共催

一般社団法人日本飼料用米振興協会・農林水産省

飼料用米活用畜産物ブランド日本一表彰式

主催

一般社団法人日本養豚協会

後援

農林水産省

全国農業協同組合中央会

全国農業協同組合連合会

協同組合日本飼料工業会

協賛

日本農業協同組合


プログラム(敬称略)

11:00〜11:05
主催者挨拶
一般社団法人日本飼料用米振興協会
理事長 海老澤 惠子

11:05〜11:15
連帯の挨拶
日本生活協同組合連合会
常務理事(事業担当) 山本 克哉

11:15〜11:20
挨拶
農林水産省政策統括官付
穀物課長 堺田 輝也

11:20〜11:55
基調講演
「飼料用米の推進について」
農林水産省生産局畜産部
飼料課長 犬飼 史郎

12:00〜12:55
休憩(各自/自由行動)
※ この時間帯を利用して資料展示や試食を行いました。

資料展示:ロビー 試食会:会議室

試食会では、飼料用米を給与した豚肉のシャブシャブや鶏卵を利用したスウィーツなどを用意しました。
なお、ホールでの飲食は禁止されています。

13:00〜14:10
表彰式                         

挨拶 農林水産大臣
政策統括官が代読しました。

◆飼料用米多収日本一表彰式

受賞者代表挨拶(飼料用米多収日本一)

記念撮影

◆飼料用米活用畜産物ブランド日本一表彰式

挨拶
(一社)日本養豚協会 会長 香川 雅彦

受賞者代表挨拶(飼料用米活用畜産物ブランド日本一)

記念撮影

14:10〜14:30
休憩・会場設営 

14:30〜14:55
活動報告
(有)鈴木養鶏場(大分県)
代表取締役会長 鈴木 明久

「飼料用米を取り扱って10年、今後に期待する!」

14:55〜15:20
活動報告
昭和鶏卵株式会社
代表取締役社長 不破 恒昭

「飼料用米を使用した鶏卵の販売普及拡大について」

15:20〜15:45
研究報告
一般社団法人日本飼料用米振興協会
理事 信岡 誠治

「飼料用米の新品種開発の現状と今後」

東京農業大学 農学部畜産学科 前教授日本養鶏協会 エグジェクティブ・アドバイザー

15:45〜16:15
講  演
一般社団法人日本協同組合連携機構(JCA) 常務理事 青竹 豊

「協同組合間連携の取り組みについて〜生産者から消費者まで〜」

16:15〜16:40
総括質疑応答

司会進行:一般社団法人日本飼料用米振興協会 理事 信岡 誠治

16:40〜16:50
閉会挨拶
(一社)日本飼料用米振興協会
副理事長 加藤 好一
(生活クラブ事業連合生活協同組合連合会 会長)

16:50
閉会

意見交換交流会(懇親会)(17:30〜19:00)

会 場
東大正門前
農学部(弥生講堂)正門を本郷方面に
徒歩7分程度
上海・四川料理、創作料理

参加費:3,500円 (希望者)