◆2019年度 コメ政策と飼料用米の今後に関する意見交換会



2019年10月3日


第4回 コメ政策と飼料用米に関する意見交換会2019

ご案内



2019年10月2日 PRESS RELEASE PDF版


プログラム

◆開会挨拶 J−FRA・海老澤恵子理事長
◆基調講演1
「飼料用米の推進について」
 渕上 武士氏 課長補佐:農林水産省/政策統括官付穀物課企画班
   ◆基調講演2
「飼料用米の位置づけと今後の展開方向:生産、利用、消費、政策の各サイドから考える」
  株式会社 農林中金総合研究所 調査第一部 主任研究員 小針 美和
  一般社団法人日本飼料用米振興協会 理事 信岡 誠治 農学(博士)
  一般社団法人 農業開発研修センター 研究員 山野 栫@博士(農学)
  一般財団法人農政調?委員会 専門調?員 小川 真如 博士(人間科学)
◆意見交換会(質疑応答を含む)
  ◆結語 加藤 好一 副理事長:(生活クラブ事業連合生活協同組合連合会 会長)


開催要領


開催趣旨

 令和元年産の水稲の作付面積は、158万4,000haで前年に比べて8,000ha減少、このうち主食用作付面積は137万9,000haで前年と比べて7,000haの減少となっています。

 また、9月15日現在の令和元年産の作況指数は「101」で、全国の10a当たり収量は536kg(前年産に比べ7kg増加)が見込まれています。

 この結果、主食用作付面積に10a当たり収量を乗じた収穫量(主食用)は

736万9,000t(前年産に比べ4万2,000t増加)が見込まれています。

 その中で私共の推進しております飼料用米の近年の動きは、主食用米価格が堅調なことから価格関係で稲作生産者は、水田作付は主食用米へ傾倒する動きがみられ、令和元年産の飼料用米の作付面積は7万2,499haと前年よりさらに9%ほど減少してきております。

 このように飼料用米を巡る動きは中だるみ状況にありますが、基本的には国産飼料原料の確保と水田フル活用の側面から当協会としては引き続き飼料用米の普及拡大を掲げて、稲作生産者や利用する畜産生産者の連携と消費者への浸透を目指してまいります。

先般の日米貿易協定の妥結など外部環境の変化もありますので、多くの参加者を得て、有意義な意見交換会を開催したいと考えます。

 今回は農林水産省穀物課様と有識者の皆さんから基調講演をいただき、会場の皆様と「コメ政策と飼料用米の今後に関する意見交換会」を開催します。

 とくに有識者の皆さんには今後の日本のコメ政策や飼料用米に関する議論をするに際し、生産、利用、消費、政策の各サイドからご意見を出していただき会場の皆さんと活発な意見交換を行っていきます。


※ 作況については、農林水産省発表資料による。


開催日時:2019 年(令和元年)11月13日(水)

  13:00(開場) 開会13:30 〜 終了予定16:50

会   場:食糧会館 中央区日本橋小伝馬町 15-15 会議室(5階 A/B 会議室)

     収容人員70名

  http://www.zenbeihan.com/overview/outline.html (詳細は HP から)

対  象:

関係官公庁(農林水産省、自治体など)、コメ生産者/流通業者、畜産生産者/流通業者、農業団体、飼料製造/販売業者、物流業者、消費者団体、研究・教育関係者、報道関係者 等

主  催:一般社団法人 日本飼料用米振興協会

参 加 費:無 料


参加申込み:メールアドレス  meeting20191113@j-fra.or.jp

へ必要事項を記入の上申込み

をお願いします。掲載ホームページ http://www.j-fra.or.jp/


【記入事項】

参加希望者の氏名、所属組織名称(報道関係者はその旨を記載してください)

所属部署名称、役職名、メールアドレス、電話番号、要望事項・質問事項


以上をよろしくお願いします。

今後、同様のご案内を差し上げます。よろしくお願いします。



   http://www.j-fra.or.jp/2nd_kome_meeting_policyopinion_discussion_20171115wordtext_without_namelist.pdf

参加申込書 掲載ページにGO



案内地図 PDF

スマホサイトに切り替える

第4回 コメ政策と飼料用米の今後に関する意見交換会2019

の開催案内をプレスリリースしました。
10月2日(水)午後 農林水産省/農政クラブ・農林記者会 で
プレスリリースを配布しました。

掲載ページにGO
参加申込書 掲載ページにGO


公 告

2019年社員総会のご案内

拝啓 ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。

平素は格別のお引立てに預かり厚く御礼申し上げます。

さて、弊協会2019年社員総会を下記の通り開催致します。

ご多忙のところ大変恐縮ですが、何卒ご出席頂きますようご案内申し上げます。

 なお、当日ご出席頂けない場合は、書面により議決権を行使できます。

万一ご出席できない場合は、別紙の株主総会参考書類をご検討のいただき、同封の議決権行使書用紙に議案に対する賛否をご記入、ご押印の上、2019年5月31日(金曜日)午後5時までに当協会に到着するようご返送下さいますようお願い申し上げます。

敬具

1.日時:2019年6月5日(水曜日)午後3時〜

2.場所:東京都中央区日本橋小伝馬町15-15 〒103-0001

TEL:03-4334-2100 FAX:03-4334-2107

食糧会館 全米販 5階会議室(B)

3.会議の目的事項

報告事項

2018年度 事業報告及び決算の承認の件

決議事項

取締役 1名の期中退任承認と後任の選出の件

決議事項

2019年度事業計画書の審議と決議の件

決議事項

新規正社員の加入承認の件

以上

郵便番号

〒164-0013

住  所

東京都中野区弥生町1-17-3

電話番号

TEL&FAX 03-3373-8119

一般社団法人日本飼料用米振興協会

理事長 海老澤 惠子


2019年 社員総会 会場のご案内

日 時
2019年6月 4日(水)
15:00〜

会 場
食糧会館/全米販・会議室(5階)
東京都中央区日本橋小伝馬町15-15

〒103-0001 東京都中央区日本橋小伝馬町15-15 TEL:03-4334-2100 FAX:03-4334-2107


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019年度

飼料用米多収日本一表彰事業

5月7日

要綱要領を発表しました

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

飼料用米普及のためのシンポジウム2019

開催案内報告

第5回(通算第12回)

飼料用米を活かす日本型循環畜産推進交流集会

飼料用米多収量日本一

飼料用米活用畜産物ブランド日本一

表彰式

飼料用米普及のためのシンポジウム2019

開催会場

東京大学 弥生講堂(一条ホール)

ホール:シンポジウム・表彰式

ロビー:資料展示会

会議室:試食会

開催日時

2019年3月15日(金)

10;30 開館

11:00 開会 〜16:45 閉会

参集範囲

生産者および生産団体、米穀流通事業者、飼料事業者、流通・物流事業者、消費者団体等、研究者、学生、一般市民等

シンポジウム開催

主催

一般社団法人日本飼料用米振興協会

後援

農林水産省

表彰式の運営

飼料用米多収日本一表彰式

共催

一般社団法人日本飼料用米振興協会・農林水産省

飼料用米活用畜産物ブランド日本一表彰式

主催

一般社団法人日本養豚協会

後援

農林水産省

全国農業協同組合中央会

全国農業協同組合連合会

協同組合日本飼料工業会

協賛

日本農業協同組合


プログラム(敬称略)

11:00〜11:05
主催者挨拶
一般社団法人日本飼料用米振興協会
理事長 海老澤 惠子

11:05〜11:15
連帯の挨拶
日本生活協同組合連合会
常務理事(事業担当) 山本 克哉

11:15〜11:20
挨拶
農林水産省政策統括官付
穀物課長 堺田 輝也

11:20〜11:55
基調講演
「飼料用米の推進について」
農林水産省生産局畜産部
飼料課長 犬飼 史郎

12:00〜12:55
休憩(各自/自由行動)
※ この時間帯を利用して資料展示や試食を行いました。

資料展示:ロビー 試食会:会議室

試食会では、飼料用米を給与した豚肉のシャブシャブや鶏卵を利用したスウィーツなどを用意しました。
なお、ホールでの飲食は禁止されています。

13:00〜14:10
表彰式                         

挨拶 農林水産大臣
政策統括官が代読しました。

◆飼料用米多収日本一表彰式

受賞者代表挨拶(飼料用米多収日本一)

記念撮影

◆飼料用米活用畜産物ブランド日本一表彰式

挨拶
(一社)日本養豚協会 会長 香川 雅彦

受賞者代表挨拶(飼料用米活用畜産物ブランド日本一)

記念撮影

14:10〜14:30
休憩・会場設営 

14:30〜14:55
活動報告
(有)鈴木養鶏場(大分県)
代表取締役会長 鈴木 明久

「飼料用米を取り扱って10年、今後に期待する!」

14:55〜15:20
活動報告
昭和鶏卵株式会社
代表取締役社長 不破 恒昭

「飼料用米を使用した鶏卵の販売普及拡大について」

15:20〜15:45
研究報告
一般社団法人日本飼料用米振興協会
理事 信岡 誠治

「飼料用米の新品種開発の現状と今後」

東京農業大学 農学部畜産学科 前教授日本養鶏協会 エグジェクティブ・アドバイザー

15:45〜16:15
講  演
一般社団法人日本協同組合連携機構(JCA) 常務理事 青竹 豊

「協同組合間連携の取り組みについて〜生産者から消費者まで〜」

16:15〜16:40
総括質疑応答

司会進行:一般社団法人日本飼料用米振興協会 理事 信岡 誠治

16:40〜16:50
閉会挨拶
(一社)日本飼料用米振興協会
副理事長 加藤 好一
(生活クラブ事業連合生活協同組合連合会 会長)

16:50
閉会

意見交換交流会(懇親会)(17:30〜19:00)

会 場
東大正門前
農学部(弥生講堂)正門を本郷方面に
徒歩7分程度
上海・四川料理、創作料理

参加費:3,500円 (希望者)