●農林水産大臣賞・伏古生産組合・柴田 隆さんの紹介


令和2年度「飼料用米多収日本一」表彰事業調査報告書

 
目次 最新1 GO
受賞者の紹介ページ GO

令和2年度「飼料用米多収日本一」受賞者の概要(2ー1)

【地域の平均単収からの増収の部】(敬称略)
褒賞名 経営体(団体名・個人名) 住 所 品種 作付面積(a) 地域の平均単収からの増収
( kg/10a )
農林水産大臣賞 農事組合法人 伏古生産組合
代表理事 柴田 隆
北海道上川郡愛別町 そらゆたか 736 283
政策統括官賞 遠目塚 春生 宮崎県えびの市 ミズホチカラ 111 210
全国農業協同組合中央会会長賞 伊藤 裕彦 北海道石狩郡当別町 そらゆたか 253 255
全国農業協同組合連合会会長賞 天水 茂 北海道磯谷郡蘭越町 そらゆたか 141 249
協同組合日本飼料工業会会長賞 カンドーファーム株式会社
代表取締役 田尻 一輝
島根県松江市 ミズホチカラ 407 203
日本農業新聞賞 柿並 博志 宮崎県都城市 ミズホチカラ 116 235

【地域の平均単収からの増収の部】
農林水産大臣賞
農事組合法人 伏古生産組合
代表理事 柴田 隆(しばた たかし)
経営体所在地: 北海道上川郡愛別町
団体名・氏名 農事組合法人 伏古生産組合
代表理事 柴田 隆(しばた たかし)
経営状況 (雇用の有無等)従業員 5名  雇用 9名  計14名
経営面積15,000a
水田面積13,200a
主食用米 作付面積(品種別)ほしのゆめ 130a ・きらら397 1,700a ・ななつぼし 1,840a ・ゆめぴりか 600a ・えみまる 200a ・酒米 2900a ・他 300a
その他作物 作付状況(品種別)大豆 230a ・麦 160a ・ハウス野菜他 240a ・牧草350a ・その他 1,000a
飼料用米作付面積736a 
品種名そらゆたか 
10a当たり収量856s 
地域平均単収との収量差283kg 
出荷先JA上川中央

調査項目 当年産の取組状況について
【生産面の取組】
品種の選定理由北海道の気候に適している寒さに強い知事特認品種であり多収性品種のため、収量の向上が期待できるため。
育苗における省力・コスト低減の取組内容育苗ハウスの自動巻き上げ機を導入することにより温度管理のためのハウスの開閉を自動でできるようにし、省力化を図っている。
田植えにおける省力・コスト低減の取組内容苗運びや田植え作業など作業を事前に分担しておくことにより、一連の作業がスムーズにおこなえるよう作業効率化を図っている。
多収に向けた施肥管理の取組内容基盤整備後の圃場は、特性上、地盤が柔らかくなることにより根張りが良くなり、その結果、通常よりも肥料吸収性が高く、生育が良くなってしまうため倒伏防止などを含め施肥量を抑えた施肥管理を行った。
施肥作業の省力・コスト低減の取組内容GPS付きのトラクターの走行の軌道修正システムにより、むらなく肥料散布できるようにし、操縦者の技術だけではなく補助が入ることにより省力化と肥料コストの低減を図っている。
病害虫防除方法及び省力化の取組内容主食用米については、秋にヘリでのカメムシに対する防除を2〜3回行っているが、飼料用米については、秋の防除を行わないことにより省力化を図っている。
雑草防除方法及び省力化の取組内容無人ヘリによる除草剤散布を行っており、ボートや手振による防除よりも短時間で効率的に散布することができるため、省力化につながっている。
収穫・調製作業におけるコスト低減の取組内容主食用米と異なり、乾燥・籾摺りのみのため、出荷前のふるい作業、ふるい下米の処理が不要であり、コスト低減につながっている。
その他生産面で先進的な取組内容水田圃場の水をスマホで管理できる装置を設置しているため、現地に行かずに水管理することができ省力化になっている。また、正確な水管理が可能となった。

【経営面の取組】
輪作体系の取組内容麦・大豆との輪作に取り組んでいる。
経営内での作業競合が生じないよう作業分散の取組内容種子や資材の管理、生育管理、圃場の管理、畑作物の管理、ハウス野菜の管理など従業員に担当を割り振ることにより、作業分散及び効率化を図っている。
農地集積及び団地化による経営規模の拡大の取組内容基盤整備による圃場の集積を行い、規模を拡大している。
流通コストの低減の取組内容融雪剤や肥料について、早期引取を行い、さらに自己引取を行うことでコスト低減を図っている。
実需者ニーズに対応した安定供給体制取組内容飼料用米については農協を通じて、複数年契約を結ぶことによって安定供給に取り組んでいる。
その他経営面で先進的な取り組み内容2018年よりグローバルGAP『コンバイン部門(水稲)』に取り組んでいる。

【地域との連携及び生産技術の普及・啓発】
耕畜連携による効率的な生産体制の取組内容畜産農家と協力して籾殻の使用や牧草の販売、堆肥の購入などを行っている。
生産技術の普及を図るために、地域内で取組内容各生産部会による栽培講習会に参加し栽培技術向上に取り組んでいる。
特に模範となる特徴的な取組内容地域全体で取り組んでいるゆめぴりか、ななつぼしのイエスクリーン栽培に加え、独自にきらら397や酒米のイエスクリーン栽培に取り組んでいる。
その他(上記以外に特徴のある取組内容があれば、記載。
その他、飼料用米に取り組んだ経緯や、当年産に限らず、これまで行ってきた取組内容、多収に至った過去からの経緯等を記載)
ハウス自動巻き上げや水田圃場のスマホでの水管理などスマート農業での省力化などに取り組んでいる
令和3年度にはドローンの導入を予定している

飼料用米多収日本一表彰事業
令和2年度 受賞者
【地域の平均単収からの増収の部】
農林水産大臣賞
農事組合法人 伏古生産組合
代表理事 柴田 隆(しばた たかし) 殿


経営体所在地: 北海道上川郡愛別町
経営状況  : 従業員 5名  雇用 9名  計14名
経営面積  : 15,000a    水田面積  : 13,200a
主食用米  : 4,470a
        (ほしのゆめ 130a・きらら397 1,700a・
         ななつぼし 1,840a・ゆめぴりか 600a・
         えみまる 200a)・酒米 2900a ・他 300a
その他   : 大豆 230a・麦 160a・ハウス野菜他 240a・
        牧草350a・
        その他 1,000a

飼料用米作付面積    :736a
品種名         :そらゆたか
10a当たり収量     :856s
地域平均単収との収量差 :283kg
出荷先         :JA上川中央


農林水産省・一般社団法人日本飼料用米振興協会


スマホサイトに切り替える

ご案内

2021年社員総会のご案内

昨年2020年の定時社員総会は、書面議決で実施しました。

今年は6月10日(木)15:00〜16:00 にリモート(zoom)で開催します。事務局・さいたま支局がホストとなり、総会を運営します。

15分前に、正会員、賛助会員・理事/監事に招待メールをお送りします。


本部

東京都中野区弥生町1-17-3

TEL   03-3373-8119

さいたま支局

さいたま市南区内谷5−4−14−1006

070-3522-3151

以上

第8回理事会 理事会開催要領

1.日時:2021年4月16日(金)     15:00〜17:00

2.会場、開催方法

  リモート(zoom)で

  開催します。事務局・さいたま支局

  がホストとなり、

  会議を運営します。

  15分前に、理事/監事

  に招待メールをお送りします。


一般社団法人日本飼料用米振興協会

理事長 海老澤 惠子