●全国農業協同組合中央会・会長賞・伊藤裕彦さんの紹介


令和2年度「飼料用米多収日本一」表彰事業調査報告書

 
目次 最新1 GO
受賞者の紹介ページ GO

令和2年度「飼料用米多収日本一」受賞者の概要(2ー3


【地域の平均単収からの増収の部】(敬称略)
褒賞名 経営体(団体名・個人名) 住 所 品種 作付面積(a) 地域の平均単収からの増収
( kg/10a )
農林水産大臣賞 農事組合法人 伏古生産組合
代表理事 柴田 隆
北海道上川郡愛別町 そらゆたか 736 283
政策統括官賞 遠目塚 春生 宮崎県えびの市 ミズホチカラ 111 210
全国農業協同組合中央会会長賞 伊藤 裕彦 北海道石狩郡当別町 そらゆたか 253 255
全国農業協同組合連合会会長賞 天水 茂 北海道磯谷郡蘭越町 そらゆたか 141 249
協同組合日本飼料工業会会長賞 カンドーファーム株式会社
代表取締役 田尻 一輝
島根県松江市 ミズホチカラ 407 203
日本農業新聞賞 柿並 博志 宮崎県都城市 ミズホチカラ 116 235

【地域の平均単収からの増収の部】
全国農業協同組合中央会・会長賞
伊藤 裕彦(いとう ひろひこ)
経営体所在地:北海道石狩郡当別町
団体名・氏名  伊藤 裕彦(いとう ひろひこ)
経営状況 (雇用の有無等)経営主 ・ 妻 ・ 後継者(長男) 計 3名(雇用は無) 経営は、水稲・飼料用米・小麦    
経営面積1,271a
水田面積 472a
主食用米 作付面積(品種別) 219a(ななつぼし)
その他作物 作付状況(品種別)秋小麦 786a(きたほなみ)  作物管理用地 13a 
飼料用米作付面積 253a
品種名 そらゆたか
10a当たり収量 821kg
地域平均単収との収量差 255kg
出荷先JA北いしかり

調査項目 当年産の取組状況について
【生産面の取組】
品種の選定理由北海道の気候に適している寒さに強い知事特認品種であり多収性品種のため、収量の向上が期待できるため。
育苗における省力・コスト低減の取組内容育苗期の種子伝染性病害を効率的に防除し、健全な苗を育成することで安定的な生産につなげるため、消毒済み種子による播種を行っている。
田植えにおける省力・コスト低減の取組内容限られた人員であるため効率的な田植え作業を明確な役割分担を実施し労働力低減に努めている。
多収に向けた施肥管理の取組内容土壌診断に基づき、茎葉生育過程において3月にケイカル100kg散布し、移植時に活着をよくするため5月に、腐食りん30kgの施肥を行った。
施肥作業の省力・コスト低減の取組内容施肥作業については必要に応じ20kgの紙袋ではなく、フレコンを活用することにより開封時や運搬の労働力の省力化に努めた。
病害虫防除方法及び省力化の取組内容稲ドロオイ虫発生予防及びいもち病初発防止のためフェルテラ箱粒剤25gを播種時に施用
いもち病及びカメムシ防除の実施をブラシンダントツフロアブル8倍を無人ヘリコプターによる散布を行い省力化に努めた。
雑草防除方法及び省力化の取組内容水田雑草防除省力化を図るため初中期一発除草剤であるヤブサメ豆つぶ250gを散布し、除草回数の削減及び労働力の低減を図った。
収穫・調製作業におけるコスト低減の取組内容乾燥作業及び乾燥時間の短縮に向けて圃場内立毛乾燥を行い、乾燥作業に伴うコストの低減を行った。
その他生産面で先進的な取組内容栽培講習会の参加や、新薬剤等の情報を収集し、効果が高い薬剤の施用や効率的な作業及び、水管理を主体として生育の状況を日々細かく観察することにより、適期作業を実践している。

【経営面の取組】
輪作体系の取組内容取組みなし
経営内での作業競合が生じないよう作業分散の取組内容水稲と秋小麦を作付することにより、作業時期の分散を図り作業効率の向上を図った。
農地集積及び団地化による経営規模の拡大の取組内容当初、飼料用米の生産にあたっては農地集積を行い経営規模拡大を図り現在に至っている。
流通コストの低減の取組内容調製した飼料用玄米をフレコン詰めで出荷し、JA北いしかりの倉庫に集約することにより作業の効率化に努めている。また、実需者に倉庫からの引き取りを行ってもらうことにより、流通コストを低減させている。
実需者ニーズに対応した安定供給体制取組内容毎年、同一のほ場に飼料用米を作付することにより、収量を安定させ、なおかつ収量の向上を図っている。
その他経営面で先進的な取り組み内容後継者である長男と今後を見据え付加価値を意識した生産を検討しているため栽培講習会等の積極的な参加を心掛けている。

【地域との連携及び生産技術の普及・啓発】
耕畜連携による効率的な生産体制の取組内容取組みなし
生産技術の普及を図るために、地域内で取組内容JA北いしかりが作成している「作物別栽培指標の水稲移植編」を参考にして圃場・育苗・水管理等を行っている。
特に模範となる特徴的な取組内容伊藤氏が営農している地区では、飼料用米を作付けいる者が他におらず、皆が転作により小麦の生産面積を拡大している中で、水稲作付面積を維持していきながら収量性にウェイトを置いた生産に向け飼料米に取組んでいる。
その他(上記以外に特徴のある取組内容があれば、記載。
その他、飼料用米に取り組んだ経緯や、当年産に限らず、これまで行ってきた取組内容、多収に至った過去からの経緯等を記載)

飼料用米多収日本一表彰事業
令和2年度 受賞者
【地域の平均単収からの増収の部】
全国農業協同組合中央会・会長賞
伊藤 裕彦(いとう ひろひこ) 殿


経営体所在地: 北海道石狩郡当別町
経営状況  : 経営主・妻・後継者(長男) 計 3名
        経営は、水稲・飼料用米・小麦
経営面積  : 1,271a      水田面積  : 472a
主食用米  : 219a(ななつぼし)
その他作物 : 秋小麦 786a(きたほなみ)、作物管理用地 13a 

飼料用米作付面積   :253a
品種名        :そらゆたか
10a当たり収量    :821kg
地域平均単収との収量差:255kg
出荷先        :JA北いしかり


農林水産省・一般社団法人日本飼料用米振興協会


スマホサイトに切り替える

ご案内

2021年社員総会のご案内

昨年2020年の定時社員総会は、書面議決で実施しました。

今年は6月10日(木)15:00〜16:00 にリモート(zoom)で開催します。事務局・さいたま支局がホストとなり、総会を運営します。

15分前に、正会員、賛助会員・理事/監事に招待メールをお送りします。


本部

東京都中野区弥生町1-17-3

TEL   03-3373-8119

さいたま支局

さいたま市南区内谷5−4−14−1006

070-3522-3151

以上

第8回理事会 理事会開催要領

1.日時:2021年4月16日(金)     15:00〜17:00

2.会場、開催方法

  リモート(zoom)で

  開催します。事務局・さいたま支局

  がホストとなり、

  会議を運営します。

  15分前に、理事/監事

  に招待メールをお送りします。


一般社団法人日本飼料用米振興協会

理事長 海老澤 惠子