▼ 農林水産省の政策 飼料用米について


飼料用米について

 農林水産省では、水田活用の直接支払交付金等により、飼料用米の生産・利用の拡大を推進しています。

 水田活用の直接支払交付金について詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。

飼料用米の推進について

  飼料用米をめぐる事情 (データ版) (平成30年10月(PDF : 1,355KB)

  飼料用米をめぐる事情 (イラスト版) (平成30年10月)<全体版(PDF : 3,605KB)

  飼料用米の推進について  PDF( 飼料用米の推進 農林水産省政策統括官 2018年10月

  飼料用米の利用・需要拡大に向けた取組事例(平成28年4月)(PDF : 1,588KB)

  過去の取組事例はこちら


飼料用米に関するQ&A

飼料用米の生産利用に初めて取り組む方やこれから飼料用米に取り組みたいと考えている方の質問にお答えします。

飼料用米の利用に関するQ&A

飼料用米の生産に初めて取り組む皆様へ〜よくある疑問にお答えします〜(PDF : 1,258KB)

生産・給与技術について

飼料用米の生産・給与技術マニュアル(外部リンク: (国研)農業・食品産業技術総合研究機構)

飼料として使用する籾米への農薬の使用について(PDF : 75KB)

飼料用米の多収性専用品種の栽培マニュアル

稲発酵粗飼料(稲ホールクロップサイレージ)について

稲発酵粗飼料(稲WCS)とは

稲の実が完熟する前に、実と茎葉を一体的に収穫し、乳酸発酵させた飼料のこと。稲ホールクロップ・サイレージとも呼ばれます。水田の有効活用と飼料自給率の向上に資する飼料作物として、作付面積が拡大しています。

稲WCSの生産・給与の取組事例(平成29年3月)(PDF : 1,012KB)

生産・給与技術について

稲発酵粗飼料生産・給与技術マニュアル第6版(一社)日本草地畜産種子協会ホームページ(PDF:3,703KB)〔外部リンク〕をご覧ください。

稲発酵粗飼料に係る適正な農薬の使用について(平成29年12月1日付け)(PDF : 54KB)

過去の通知はこちら

「稲発酵粗飼料生産・給与技術マニュアル」のうち農薬使用に関する部分の抜粋(平成29年12月1日付け)(PDF : 124KB)

新旧対照表(平成29年12月1日付け)(PDF : 125KB)


スマホサイトに切り替える

平成30年度
飼料用米多収日本一表彰事業
5月1日(火)、公募開始です。
締め切りは、6月29日(金)です。



開催しました。
ありがとうございました。
開催報告を掲載しています。
掲載ページにGO

第4回(通算第11回)
飼料用米を活かす
日本型循環畜産推進交流集会


多収量日本一・畜産物ブランド日本一表彰式、飼料用米普及のためのシンポジウム2018
は2018年3月9日に開催します。

主催
一般社団法人 日本飼料用米振興協会
後援
農林水産省

開催会場
東京大学 弥生講堂(一条ホール)

開催日時
2018年3月9日(金)
 10;30 開館
 11:00 開会 〜16:45 閉会

案内パンフレット/参加申込書
案内書のページ GO
案内書パンフレットPDF ダウンロード
参加申込書のページ GO
参加申込書(PDF)のダウンロード
参加申込書(WORD)のダウンロード
参加申込書(Old Word)のダウンロード

参加申込専用アドレス
sympo20180309@j-fra.or.jp

お問い合わせ、ご意見は下記のメールアドレスにお願いします。

postmaster@j-fra.or.jp

開館 10:30
開会 11:00〜12:00
シンポジウム(第一部)
12:00〜13:00
展示・試食会、休憩
13:00〜14:10
多収日本一表彰式

畜産物ブランド日本一表彰式
14:10〜14:30
休憩(舞台転換
14:30〜16:30
シンポジウム(第二部)
16:30〜16:45
閉会の挨拶、お知らせ

17:30〜19:00
意見/情報交換懇親会
(希望者有料 3,500円)
会場:東京大学消費生活協同組合
              農学部食堂
建物:農学3号館 地下食堂