◆ 参加申込書 シンポジウム2019



最新情報





第5回(通算第12回)

飼料用米を活かす日本型循環畜産推進交流集会


多収量日本一・畜産物ブランド日本一表彰式、

飼料用米普及のためのシンポジウム2019


皆様のご協力により、210名のご参加で実施いたしました。

ご協力ありがとうございました。





シンポジウム会場

東京大学弥生キャンパスのご案内

渋田駅で先生をお出迎えをし続けるハチ公に

飼い主の上野英三郎博士との再会をさせて

あげようと東大の有志が資金を出し合い建立しました。

今や、東京大学の新名所です。

3月8日はハチ公の命日でした。

記念グッズの販売がありました。現在は終了していますが、

シンポジウムに特別出店をしてもらいます。お楽しみください。

掲載ページにGO



意見交流懇親会 の 会場を変更しました。

東大農学部正門から約6分

東大正門前

上海・四川料理の「美味しい屋

小さなお店ですが、貸切りました。

2階にお集まりください。



3月8日はハチ公の命日です。

記念グッズの販売は終了していますが、シンポジウムに特別出店をしてもらいます。お楽しみください。


意見交換懇親会の会場です。
東大正門前 農学部(弥生講堂)正門を本郷方面に5分程度歩いてください。
上海・四川料理、創作料理です。


第5回飼料米普及のためのシンポジウム2019

参加申込み受付は3月13日で申し込みを締め切りました。

ご出席希望の場合は、直接おいでください。

席はございます。


意見交換会(懇親会) 

参加自由(有料:3500円を予定) 当日も受け付けます。

◆17:30〜19:00 会場変更(東大正門前 上海・四川・創作料理 〜美味しい屋食堂〜)

  シンポジウム終了後、ロビーに集合/ご案内します。


以上をよろしくお願いします。


 
開催案内

第5回(通算第12回)
飼料用米を活かす日本型循環畜産推進交流集会

多収量日本一・畜産物ブランド日本一表彰式、
飼料用米普及のためのシンポジウム2019

◆ 飼料用米普及のためのシンポジウム2019
 主催
  一般社団法人 日本飼料用米振興協会
 後援
  農林水産省

◆ 飼料用米多収日本一表彰式
 主催
  一般社団法人 日本飼料用米振興協会・農林水産省 の共同開催となります。

◆ 飼料用米畜産物ブランド日本一表彰式
 主催
  一般社団法人 日本養豚協会
 後援
  農林水産省

開催会場:
東京大学 弥生講堂(一条ホール)
   ホール:シンポジウム・表彰式
   ロビー:資料展示会
   会議室:試食会
開催日時:
2019年3月15日(金) 10;30 開館
              11:00 開会 〜17:00 閉会
参加対象:
生産者および生産団体、米穀流通事業者、飼料事業者、流通・物流事業者、消費者団体等、
研究者、学生、一般市民等

開催内容

プログラム(講演者、報告者の敬称を略しております)
◆シンポジウム第一部
11:00〜11:05
  主催者挨拶 (一社)日本飼料用米振興協会 理事長 海老澤 惠子
11:05〜11:15
  連帯の挨拶 日本生活協同組合連合会 常務理事 山本 克哉
11:15〜11:20
  挨拶      農林水産省政策統括官付穀物課長 堺田 輝也
11:20〜11:55
  基調講演  「飼料用米の推進について」
                    農林水産省生産局畜産部飼料課長 犬飼 史郎

12:00〜12:55 展示、試食、休憩(各自/自由行動)※この間に表彰式舞台設営
                (ホール内では飲食ができません。)

13:00〜14:10 表彰式                         
◆飼料用米多収日本一表彰式◆
  挨拶 農林水産大臣 (予定)
  受賞者代表挨拶(多収日本一)
  記念撮影
◆飼料用畜産物ブランド日本一表彰式◆
  挨拶 (一社)日本養豚協会 会長 小磯 孝
  受賞者代表挨拶(畜産物ブランド日本一)
  記念撮影
1
4:10〜14:30 休憩・会場設営

◆シンポジウム第二部 一部変更しました
14:30〜14:55
  活動報告 (有)鈴木養鶏場(大分県) 代表取締役会長 鈴木 明久
       「飼料用米を取り扱って10年、今後に期待する!」
14:55〜15:20
  活動報告 昭和鶏卵株式会社 代表取締役社長 不破 恒昭
       「飼料用米を使用した鶏卵の販売普及拡大について」
15:20〜15:45 変更しました
  活動報告 一般社団法人日本飼料用米振興協会 理事 信岡誠治
       「飼料用米の新品種開発の現状と今後」
15:45〜16:15
  講  演 (一社)日本協同組合連携機構(JCA) 常務理事 青竹 豊
       「協同組合間連携の取り組みについて〜生産者から消費者まで〜」
16:15〜16:40 総括質疑応答

16:40〜16:50 閉会挨拶(一社)日本飼料用米振興協会 副理事長 加藤 好一
(生活クラブ事業連合生活協同組合連合会 会長)

17:00 閉会

17:30〜19:00
  意見交換交流会(懇親会)
  会 場:東京大学消費生活協同組合 農学部食堂(農学3号館地階) 
  参加費:3,500円 (希望者)

  ※ 事故防止対策、公衆衛生対策、開催用件は東京大学の規則規定に従います。


****************************************

活動報告@
 有限会社鈴木養鶏場(大分県) 鈴木 明久 代表取締役会長
  「飼料用米を取り扱って10年が経ちました、今後に期待する!」
  10年を超えた飼料用米の使用状況。配合飼料を自ら配合しての実態紹介。
  保管倉庫(サイロ)(2月竣工)の紹介など米育ち卵の生産販売活動を紹介いただく。

活動報告A
昭和鶏卵株式会社 代表取締役社長 不破 恒昭
  「飼料用米を使用した鶏卵の販売普及拡大について」
  昭和産業の子会社として、飼料用米を含む配合飼料で生産した鶏卵の普及活動を報告。

活動報告B 変更しました
 一般社団法人日本飼料用米振興協会(東京都) 理事 信岡 誠治
   「飼料用米の新品種開発の現状と今後」

講  演@
 一般社団法人 日本協同組合連携機構(JCA) 青竹 豊 常務理事
   「協同組合間連駅の取り組みについて 〜生産者から消費者まで〜」
   日本協同組合連携機構(JCA)の成り立ちと全国の連携の紹介、
   生産者と消費者の連携事例を紹介や国連が提唱している
   「SDGs」について再生可能生産などの役割などに触れていただく。
     これまでの生産者と生協間の連携活動などを紹介いただく。

飼料用米普及のためのシンポジウム2019
主催
一般社団法人 日本飼料用米振興協会
後援
農林水産省

飼料用米多収日本一表彰式の主催
一般社団法人 日本飼料用米振興協会・農林水産省 の共催となります。

飼料用米畜産物ブランド日本一表彰式 の主催
一般社団法人 日本養豚協会

資料展示・試食会
出展者(団体、企業)募集中
お問い合わせください。
postmaster@j-fra.or.jp
参加申込書
 資料展示、試食会 希望用紙 PDF Word


シンポジウム参加者募集は
2019年1月5日から
行っています。

参加申し込みは、
sympo20190315@j-fra.or.jp
空メールを送信いただくと仮参加証の記入用メールが届きますので、必要事項を記入して送り返してください。

 PC設定(テキスト設定)の場合文字化けすることがあります。

 メール書式をHTMLで設定いただくと文字化けを防げます。

 どうしても文字化けする場合は、postmaster@j-fra.or.jp に送信してください。


第5回飼料米普及のためのシンポジウム2019

参加者登録票

sympo20190315@j-fra.or.jp

postmaster@j-fra.or.jp


参加申込書(ワード版) ダウンロード をしてお使いください。

この申込書に記入してお送りください。


記入事項 記入欄
参加希望者の氏名
所属組織名称
所属部署名称
役職名
メールアドレス
電話番号
都道府県/市町村名
要望事項、質問事項
意見交換会/懇親会 参加希望     参加しない   (〇で囲んでください)

意見交換会(懇親会) 参加自由・登録制(有料:3500円を予定)

  ◆17:30〜19:00 会場変更(農学3号館地下 食堂)

    シンポジウム終了後、ロビーに集合/ご案内します。


以上をよろしくお願いします。


資料展示・試食会
出展者募集中です。お問い合わせください。
参加申込書
  資料展示 ワード
  試食会  ワード版

postmaster@j-fra.or.jp


参加者募集は
2019年1月5日から
行います。
お待ちください。

参加申込みのページにGO

スマホサイトに切り替える


開催案内

第5回(通算第12回)
飼料用米を活かす
日本型循環畜産推進交流集会

多収量日本一・畜産物ブランド日本一表彰式、飼料用米普及のためのシンポジウム2019


開催会場
東京大学 弥生講堂(一条ホール)
   ホール:シンポジウム・表彰式
   ロビー:資料展示会
   会議室:試食会
開催日時
2019年3月15日(金)
 10;30 開館
 11:00 開会 〜16:45 閉会

プログラム (作成中)

シンポジウムの主催
一般社団法人 日本飼料用米振興協会
後援
農林水産省 申請します。

飼料用米多収日本一表彰式
一般社団法人 日本飼料用米振興協会・
農林水産省 の共催となります。

飼料用米畜産物ブランド日本一表彰式
一般社団法人 日本養豚協会

資料展示・試食会
出展者募集中
お問い合わせください。

postmaster@j-fra.or.jp

第4回(通算第11回)
飼料用米を活かす
日本型循環畜産推進交流集会


多収量日本一・畜産物ブランド日本一表彰式、飼料用米普及のためのシンポジウム2018
は2018年3月9日に開催します。

主催
一般社団法人 日本飼料用米振興協会
後援
農林水産省

開催会場
東京大学 弥生講堂(一条ホール)

開催日時
2018年3月9日(金)
 10;30 開館
 11:00 開会 〜16:45 閉会

案内パンフレット/参加申込書
案内書のページ GO
案内書パンフレットPDF ダウンロード
参加申込書のページ GO
参加申込書(PDF)のダウンロード
参加申込書(WORD)のダウンロード
参加申込書(Old Word)のダウンロード

参加申込専用アドレス
sympo20180309@j-fra.or.jp

お問い合わせ、ご意見は下記のメールアドレスにお願いします。

postmaster@j-fra.or.jp

開館 10:30
開会 11:00〜12:00
シンポジウム(第一部)
12:00〜13:00
展示・試食会、休憩
13:00〜14:10
多収日本一表彰式

畜産物ブランド日本一表彰式
14:10〜14:30
休憩(舞台転換
14:30〜16:30
シンポジウム(第二部)
16:30〜16:45
閉会の挨拶、お知らせ

17:30〜19:00
意見/情報交換懇親会
(希望者有料 3,500円)
会場:東京大学消費生活協同組合
              農学部食堂
建物:農学3号館 地下食堂

参考

今年度の飼料用米他州日本一表彰事業は、一般社団法人と農林水産省の共同開催で運営しています。
2017年5月1日〜6月30日の日程で、参加生産者の公募を行いました。

実績を2018年1月末までに集約し、2月中旬の審査委員会で受賞者を決定します。

今年度より農林水産省の助成事業で一般社団法人日本養豚協会が主催し、農林水産省が後援をします「畜産物ばうランド日本一表彰式」と共同で運営します。


参加募集は、今年(平成29年5月1日から
行います。