運営体制・目的・事業




2016年5月24日

組織名称 一般社団法人 日本飼料用米振興協会 ジャフラ j-fra
所在地 東京都中野区弥生町1丁目17番3号
役員構成 理事長     海老澤惠子(j代表理事)(中野区消費者団体連絡会 副会長)

副理事長    加藤好一 (生活クラブ事業連合生活協同組合連合会 会長)

理事・事務局長 若狭良治 (NPO 未来舎 副理事長)

理事      遠藤雄士 (全国農業協同組合連合会 営農販売企画部 課長)

      木村友二郎(木徳神領株式会社 グループセールス事業部長)

理事      信岡誠治 (東京農業大学農学部畜産学科畜産マネジメント研究室 教授)

理事      谷井勇二 (個人社員/田中産業株式会社 営業企画顧問)

監事      岩野千草 (中野区消費者団体連絡会)


組織目的 飼料用米、超多収穫米、日本型循環畜産、耕畜連携農業の普及推進と食料自給率の向上を目指し、そのために、飼料用米・超多収穫米の 生産から消費およびエコフィード等に関わる国内外での必要な研究活動および振興事業を行うことを目的とし、その目的に資する ための事業を行う。
事業内容 1)飼料用米・超多収穫米の品質・規格・供給インフラの適正化のための研究交流

2)飼料用米・超多収穫米に関わる規制緩和・普及促進への働きかけ

3)飼料用米・超多収穫米の普及のための振興啓発活動(国内および国際での普及交流集会、
  技術・学術交流シンポジウム、広報活動等)

4)エコフィード(食品残渣発酵飼料)普及に関わる研究と利用振興活動

5)前各号に掲げる事業に附帯又は関連する研究振興活動と事業

スマホサイトに切り替える



開催案内

第4回(通算第11回)
飼料用米を活かす
日本型循環畜産推進交流集会


多収量日本一・畜産物ブランド日本一表彰式、飼料用米普及のためのシンポジウム2018
は2018年3月9日に開催します。

主催
一般社団法人 日本飼料用米振興協会
後援
農林水産省

開催会場
東京大学 弥生講堂(一条ホール)

開催日時
2018年3月9日(金)
 10;30 開館
 11:00 開会 〜16:45 閉会

案内パンフレット/参加申込書
案内書のページ GO
案内書パンフレットPDF ダウンロード
参加申込書のページ GO
参加申込書(PDF)のダウンロード
参加申込書(WORD)のダウンロード
参加申込書(Old Word)のダウンロード

参加申込専用アドレス
sympo20180309@j-fra.or.jp

お問い合わせ、ご意見は下記のメールアドレスにお願いします。

postmaster@j-fra.or.jp

開館 10:30
開会 11:00〜12:00
シンポジウム(第一部)
12:00〜13:00
展示・試食会、休憩
13:00〜14:10
多収日本一表彰式

畜産物ブランド日本一表彰式
14:10〜14:30
休憩(舞台転換
14:30〜16:30
シンポジウム(第二部)
16:30〜16:45
閉会の挨拶、お知らせ

17:30〜19:00
意見/情報交換懇親会
(希望者有料 3,500円)
会場:東京大学消費生活協同組合
              農学部食堂
建物:農学3号館 地下食堂

参考

今年度の飼料用米他州日本一表彰事業は、一般社団法人と農林水産省の共同開催で運営しています。
2017年5月1日〜6月30日の日程で、参加生産者の公募を行いました。

実績を2018年1月末までに集約し、2月中旬の審査委員会で受賞者を決定します。

今年度より農林水産省の助成事業で一般社団法人日本養豚協会が主催し、農林水産省が後援をします「畜産物ばうランド日本一表彰式」と共同で運営します。


参加募集は、今年(平成29年5月1日から
行います。