◆シンポジウムの歴史 2008年〜2014年



飼料用米普及のためのシンポジウム開催の歴史

            を主催、共催、協力をしてきました。



2008年〜2015年3月のシンポジウム開催の歴史 PDF


pdf reader ソフトダウンロード
adobe readerを取得していない方は、入手してください。


料の高騰と食料自給率の問題点
アメリカのトウモロコシからのエタノール生産が飼料の高騰を招く
食糧危機とエネルギー 若狭レポート.pdf 日刊自動車新聞 2007年2月24日

飼料用米で育った鶏卵の黄身は薄かった
米育ちの卵の黄身は白かった 若狭レポート.pdf 日刊自動車新聞2007年3月31日

**************************************************

2008年7月26日(土) 午後1時30分〜4時30分
  畜産・大パニック阻止学習会
  会場:新宿家庭クラブ会館 渋谷区代々木3-20-6 TEL 03-3370-6322
  主催:畜産・大パニック阻止学習会実行委員会(準備会)
        消費者と生産者の有志 20名による呼びかけで開催された。
   消 費 者:浅井和雄、井口信治、伊藤和夫、上原公子、榎谷雅文、海老澤惠子、
         甲斐真澄、金子美登、清水鳩子、辰濃和男、中塚敏春、蓮尾隆子、
         土方彰子、平田迪子、松村敏子、若狹良治、
   生産者団体:青森ときわ村養鶏農業協同組合 専務理事 石澤直士
         畜産農民全国協議会 会長 森島倫生
         千葉県長生地域畜産振興協議会 会長 中村種良
         農民運動全国連合会食品分析センター 所長 石黒昌孝

開催報告.pdf

基調講演.pdf 中央大学名誉教授 今宮健二 氏講演概要

●この学習会を契機にして、下記の第2回目の学習会の開催を目指して実行委員会が結成された。

**************************************************

2008年度
 2008年11月28日(金) 午後1時30分〜5時
  第1回  “超多収穫米が畜産:大パニックを防ぐ” シンポジウム 
  会場:エデュカス東京 千代田区二番町12−1 TEL 03-5210-3511
  主催:畜産・大パニック阻止実行委員会 共同代表:上原公子、清水鳩子

.開催準備情報・開催要領pdf

主催者挨拶 上原公子 実行委員会代表.pdf

生活クラブ生協 情報誌掲載記事.pdf

食糧危機とバイオマスエネルギー 若狭レポート.pdf 日刊自動車新聞2009年1月10日

  ● この第2回目の学習会として実施された第1回シンポジウムの後、任意団体として
    「超多収穫米普及連絡会」が結成された。
    代表委員として、上原公子、清水鳩子、石澤直士が就任した。

日刊自動車新聞記事若狭レポート PDF


食べもの通信 2009年3月号 で飼料用米の普及で
食料自給率を向上させようと特集が組まれました。
特集目次
 ●食料自給率アップ、待ったなし
      〜超多収飼料用(エサ)米で、自給率向上に一役
      食べもの通信 編集部  蓮尾 隆子
 ●食料安全保障としての食料自給率向上に向けて
   〜食料自給率40%の状況に何をすべきか
    農林水産省 大臣官房・食料安全保障課長 末松 広行
 ●減反水田に超多収飼料米を作ろう
    東京農業大学 農学部畜産学科
    畜産マネジメント研究室 准教授  信岡 誠治
 ●日本のお米育ちの卵、豚肉、牛肉
   首都圏の生協が次々実践、好評です
      食べもの通信 編集部  蓮尾 隆子

食べもの通信 PDF

**************************************************

2009年度
 2009年(平成21年)12月14日(月)13時〜17時
 第2回 シンポジウム「飼料用米の技術開発・最前線」〜飼料用米の利用拡大に向けて〜
  主催:農林水産省農林水産技術会議事務局
     独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構

案内ポスター PDF

開催内容詳細 PDF

**************************************************

2010年度
 2011年1月27日(木)11:00〜17:00

 第3回 飼料用米利活用シンポジウム
      超多収穫飼料米が日本の畜産と水田農業を変える

  会場:ホテルグリーンプラザ大阪 アネックス7F
  主催:日本草地畜産種子協会
  協力:超多収穫米普及連絡会
  後援:農林水産

2011年開催資料

**************************************************

2011年度
 2012年3月14日(水) 11:00〜16:30

 第4回 飼料用米利活用シンポジウム
  飼料用米の利活用拡大で日本の農畜産業の明日を創ろう!
  
  会場:東京都新宿区牛込箪笥区民ホール
  主催:全国飼料増産協議会、(社)日本草地畜産種子協会
  協力:超多収穫米普及連絡会
  後援:農林水産省

  一般社団法人日本草地畜産種子協会開催報告集 配布資料 一冊分.pdf
   ★ 
   ★ 当日配布資料 個別 (下記でご覧ください)
 ●   開催要領・目次 開催要領.pdf
講演1
 ●  飼料用米の生産利用をめぐる情報と原発事故への対応について 講演資料.pdf

講演2
 ●  放射性物質汚染後に食品安全のために取り組んだこと 講演資料.pdf

事例発表1 飼料用米生産事例
 ●  多収穫栽培と品種混入問題を解決し耕畜連携を進める取組み 講演資料.pdf

事例発表1 飼料用米利用事例
 ●  豚のエサからソーセージまで 〜 自給へのこだわり 〜 講演資料.pdf

事例発表3 飼料用米利用畜産物の普及事例
 ●  飼料用米利用畜産物の普及拡大への取り組み 講演資料.pdf

**************************************************

2012年度
 2013年2月26日 (火) 13:00〜16:45

 第5回 平成24年度 飼料用米シンポジウム
  〜耕畜消の連携による利活用の拡大をめざして〜

  会場:九州大学西新プラザ 福岡市早良区西新2-16-23
  主催:全国飼料増産協議会、社団法人日本草地畜産種子協会
  共催:農林水産省 九州農政局

全国各地域で飼料用米の生産・利用・消費に先進的に取り組んでおられる方々の経験や知見に基づく関係者の交流促進とともに、広く情報を共有していただくためにシンポジウムを開催いたします。

●平成24年度シンポジウム(平成25年2月26日開催)
平成24年度飼料用米利活用シンポジウムの概要です。

当日配布資料は、以下によりダウンロードできます。
開催要領・趣旨.pdf

資料の一括ダウンロードは、配布資料 一冊分.pdf

目次、開催要領】  目次等資料.pdf

【基調講演】 

  「飼料用米の拡大・定着の方策−現場にみる耕畜消の連携−」講演資料.pdf
          東京農業大学 准教授 信岡誠治 氏

【事例発表1】〜 行政による仲介事例

  「築上町における耕畜連携活動」 講演資料.pdf
          築上町産業課課長補 佐田村啓二 氏

【事例発表2】〜 消費者団体による仲介事例

  「生協としての飼料用米利用畜産物開発」 講演資料.pdf
          生活協同組合連合会グリーンコープ連合常務理事 河嶋敏秀 氏

【事例発表3】〜 生産者団体による仲介事例

  「飼料用米の低コスト生産とまい米牛ブランド化」 講演資料.pdf
          いずも農業協同組合常務理事岡田達文氏

【総合討論

  「耕畜の連携による利活用の拡大を目指して」
          座長東京農業大学准教授信岡誠治氏

**************************************************

2012年度 開催報告
 2013年3月23日 (土)午前11 時〜午後5 時半

 第6回 飼料用米を活かす日本型循環畜産推進交流集会

   会場:東京大学 弥生講堂一条ホール
   主催:超多収穫米普及連絡会
   協賛:日本生活協同組合連合会、パルシステム生活協同組合連合会
       生活クラブ事業連合生活協同組合連合会、東都生活協同組合
       日本鶏卵生産者協会、(社)日本草地畜産種子協会
   協力:東京大学消費生活協同組合
   
   開催要領・開催報告.pdf

**************************************************

2013年度 開催報告
 2014年3月22日(土)11時〜17時

 第7回 飼料用米を活かす日本型循環畜産推進交流集会
               第7回 西武環境保全活動助成金事業

   会場:東京都八王子労政会館(東京都八王子市明神町3−5−1)
   主催:超多収穫米普及連絡会
   協賛:全国農業協同組合連合会、パルシステム生活協同組合連合会
      公益社団法人中央畜産会、一般社団法人日本鶏卵生産者協会
      生活クラブ事業連合生活協同組合連合会
   協力:八王子市民のがっこう/まなび・つなぐ広場

   開催要領・開催報告.pdf

**************************************************

2014年度 開催報告

  法人化 第1回(通算第8回)
  飼料用米を活かす日本型循環畜産推進交流集会
  〜 飼料用米普及のためのンポジウム 2015 〜

 日時:2015年3月20日(金)11時〜17時
 会場;東京大学 弥生キャンパス 農学1号館8番教室
 主催:一般社団法人 日本資料用米振興協会 JFRA ジャフラ
   
 詳細:パネル展示 (3階/農経会議室)        11時〜12時30分
    シンポジウム (農学第1号館 2階/8番教室) 12時55分〜17時

 懇親会(意見交流会)
   会場:東京大学消費生活協同組合農学部食堂  17時30分〜(3,500円)

案内ポスター・参加申込書.pdf



開催詳細内容
主催 一般社団法人 日本飼料用米振興協会
後援 農林水産省
協賛:全国農業協同組合連合会、日本生活協同組合連合会、東都生活協同組合、
   生活協同組合連合会コープネット事業連合、中野区消費者団体連絡会、
   生活クラブ事業連合生活協同組合連合会、特定非営利活動法人未来舎、
   木徳神糧株式会社、公益社団法人中央畜産会、一般社団法人日本鶏卵生産者協会

主題 食料自給率向上による食料安全保障の確立を目指そう
   飼料用米の大量増産と日本型循環構築連携の事例に学ぼう

参加(出席)費 無料
参加(出席)者 170名
  生産者団体(農家、酪農、養鶏卵)、飼料事業者、流通事業者、消費者団体等、
  研究者、学生、主婦

実施進行次第 会場内掲示.pdf 

12:30 開場
12:55 開会
          総合司会  若狭良治 (特定非営利活動法人 未来舎副理事長)                         日本飼料用米振興協会 運営委員

挨  拶 一般社団法人 日本飼料用米振興協会
                 代表理事  海老澤惠子       (10分)
      開会挨拶.pdf 

基調講演
 「飼料用米の利用推進について」                   (25分)
  農林水産省生産局畜産部畜産振興課草地整備推進室 田中誠也 室長
      講演資料.pdf 

 「米の需要拡大に向けた品種開発」                  (25分)
  全国農業協同組合連合会 営農販売企画部 飼料用米対策課 遠藤 雄士 課長
      講演資料.pdf 

 「飼料用米の生産から消費までの流通に携わって〜課題と解決の方向〜」 (25分)
  木徳神糧株式会社  グループセールス事業部 木村友二郎 部長
                    日本飼料用米振興協会 運営委員
      .講演資料pdf 

別講演
 「食の自給率向上と安全保障」
   東京大学大学院 国際環境経済学研究室  鈴木宣弘 教授       (30分)
     ※ 講演資料.pdf 
       鈴木宣弘教授 参考資料 「食糧自給率を軽視するのは誤り」.pdf

事例報告
 「耕畜連携による自給飼料増産の取り組み〜水田フル活用を目指して〜」 (25分)
  有限会社アイデナエンタープライズ/有限会社 高秀牧場 高橋憲二 代表取締役
     ※ 講演資料.pdf 

 「コープネットグループにおける「お米育ち豚」プロジェクトの実践報告」 (25分)
  生活協同組合連合会コープネット事業連合 執行役員 小林新治 政策推進室担当
     ※ 講演資料.pdf 
      ※ コープネット事業連合の案内 コープネット事業連合案内.pdf 

質疑応答                                (30分)
  コーディネーター 東京農業大学農学部畜産学科 信岡誠治 准教授
                    日本飼料用米振興協会 運営委員

閉会の挨拶に代えて
  生活クラブ事業連合生活協同組合連合会 加藤好一 会長      (15分)
                    日本飼料用米振興協会 運営委員
      挨拶資料.pdf 

スマホサイトに切り替える

実施案内



参加募集は、今年(平成29年5月1日から
行います。



開催予告

第4回(通算第11回)
飼料用米を活かす
日本型循環畜産推進交流集会

平成29年度飼料用米多収量日本一表彰式・
飼料用米普及のためのシンポジウム2018
は2018年3月9日に開催する予定です。

開催会場
東京大学 弥生講堂(一条ホール)

開催日時
2018年3月19日(金)
 時間は未定 (検討しています9
シンポジウム
展示・試食会
飼料用米多収日本一表彰式


意見/情報交換懇親会
 17:30〜19:00(予定)
(希望者有料 3,500円)
会場:東京大学消費生活協同組合
    農学部食堂

お問い合わせ、ご意見を
下記のメールアドレスに
お願いします。

postmaster@j-fra.or.jp